【方法論】【719さんpar6】過去へ思いを飛ばして幸せな気持ちになった時、その幸せを感じてるのは今ですから、幸せを感じきってください。目の前の事を一生懸命やることは、「今」にいる事です。【なる】

達人part
【方法論】【719さんpar6】過去へ思いを飛ばして幸せな気持ちになった時、その幸せを感じてるのは今ですから、幸せを感じきってください。目の前の事を一生懸命やることは、「今」にいる事です。【なる】
質問さん
質問さん

全ての記憶を意識的に思い出さない努力が必要でしょうか

達人さん
達人さん

自我があるので記憶を全て思い出さない事はできないですが、思い出したくない過去を思い出さない選択や、自動的に嫌な過去が蘇っても、そこから気をそらすなどの対策をする選択はありますよね。
全ては自分の選択が、現実、今、内面までも作ってるという事です。
その行動や選択をできるのは、いつでも今だけということです。

また、記憶についてですが、最初は努力が必要な程の苦痛が出てくるかもですが、努力より自愛する というアプローチにして頂けたらと思います。

そして、これは私の場合ですが、切る や捨てる と言ったアプローチより、気づく、許す、受け入れるの方が、格段に変わりました。
(まぁこれも、ある世界での立ち位置でした)
なるべく楽に、長く、丁寧に、ご自分と向き合って頂きたいです。

質問さん
質問さん

思考が(未来)にいったら戻る、(過去)にいったら戻るをしたほうがいいですか

達人さん
達人さん

過去や未来に行っても良いですよ、自我や記憶がある限りは自動的にしてしまいます。
その時の感情を良く見て頂ければと思います。
それは未来の事を考えながらでも、今にいることでもあります。

昨日の飲み会楽しかったなーと過去へ思いを飛ばしてる時、幸せな気持ちになりますがその幸せを感じてるのは今ですから、幸せを感じきってください。
ただ注意が必要なのは、昨日は幸せだったのに、今日は……という具合に、記憶同士を関連づけない事です。
目の前の事を一生懸命にやるということは、今にいる事です。
軸を今において、思いっきり満たされてください。

自分の感情と選択がとても大切です。
感情を感じきることで自分を知れることについてですが、紙に気持ちを書き出したりしてる時、何だか頭を使っているなと思った時があったんです。
何かが引っかかると思ってる時に、感情を感じきることを丁寧にしていたら、思考では分からないところまでグングン入っていくのを感じました。

ブレインダンプはとても有効だと思いますし、私もたまにします。
自分が今何を考えているのか、視覚的に下ろすにはとても有効なので、私も今でもしますが、やはり頭である程度わかっていることのような気がするんです。

ブレインダンプでは心の奥の奥の底の底を見ることは、少し限界があるかな、というのが私の感想でした。
目の前に起こった事柄から起こった感情は、こういうときに、私は嬉しくて、悲しくて、腹が立つんだ、と分かりやすいです。
ですが、願望を叶えたいと思ってる時の 訳の分からないイライラや、なるをやってみたけどモヤモヤする、というような感情の方が苦しかったりするのに、自分でよく分からないことが多いです。

そういう時も感情を感じきってみたら、ただその感情を感じきるだけのように見えて、無意識でも、(意識的でも)、脳は勝手になんでイライラしてるのと何かに問いかけている事に気づきました。

何回もただ感情を感じきるをしてるだけなのに、ある日、本当の自分が求めている事が出てきます。
それは世界が変わる瞬間です。

私は、自分の感情を感じきる事で、なんだか良く分からない悲しみや自己否定、イライラというものが発生してる源にたどり着けました。
感情が出てくる源は、やはり記憶からなのですが、今まで忘れていた事ばかりです。

他人のせいだ、環境のせいだ、お金のせいだ、と思ってきた事が、全てひっくり返されました。
自分は本当はこれが欲しくて、これに気づかなかったからかと分かりました。

すると、想像以上に自由になり、素直になり、本当にしたい事が分かりました。
そして、全てがあっていいと認めることができました。
そういう意味で、感情を感じきる事は、自分を良く知れるものだと思います。
今思ってる願望、なりたい自分は、顕在意識でわかってることなので、容易く分かる事でしょう。
しかし、それが発生した源の 本当の望みを知る事が、安心感につながり認識変更を呼ぶ助けになります。
この源が望んでることは、案外違うという事がわかったときは、笑ってしまいます。

物事を斜めに見て、馬鹿にする癖も、馬鹿にしながらイライラしてるのも、感情を感じていたら、安心感が出てきて、ホッとしたんでしょうね、自分が自分を卑下していたからだと素直に認められました。
そして、本当は自分がしたいことを他人がやっていたから、自分にはその力がないと認めたくなかった事、その心は自信がない事、そして何より安心感が欲しかったという事でした。

私は、今まで願ってきた事なんて、本当の意味で欲しかったんじゃなかったと気づきました。
お金も、好きな人も、仕事も、服も、心の奥深くの源が欲していたものに気づけば、手のひらを返したように、こだわりが消え、お金への執着心も消え、好きな人でなくてもいいとなり、仕事も服もこだわりがなくなり、ただ、全てあると、満たされてると感じるのみでした。

願いは今でも消えませんが、願望とギャップのある現実を、受け入れ、楽しく生きられます。
そしてこれがなるを適用するには凄く良いんです。
こういう自分と向き合う作業は苦痛を伴ったりしますが、感情を感じきっている安心感の中でわかると、素直に認めていけます。

質問さん
質問さん

源が欲していたものは、感じきることで掴めてきたんですか?

達人さん
達人さん

私の体感はそうでした。
頭の中のものを、紙のうえへ降ろすだけではできなかったです。

そもそも考えていない事、思っていない事、もしくは見ようとしてなかったことが、源が欲してるモノでした。
感情を感じきるたびに、無意識になんでそう思うのか と問いかけていたように思います。

答えは出さずに放っておいても、ある日突然ポンと出たりします。
これは、感情を感じきるというアプローチから、無意識へ問いかけた事で出てきた答えかなと思います。
源に行った事で、全ての願いが許せたし、なぜ願うのかもわかりました。

そして、諦めではないのですが、願いが叶わない事も許せました。
ですから、全てがあるというのを許せました。
源を知って、一周した感じですね。
私の場合ですが、頭で考えててもたどり着けなかったものが、本当に求めていたものだったと理解しました。
ですので、感情を感じきることが、より深いところへ導いてくれたと思ってます。
そして自分を自分で満たせるものが何なのかわかったんだと思います。
源にたどり着けたからといって、いきなり安心感がある訳じゃないです。

自分の記憶と向き合うと、だからあれが欲しいのかー、本当はこれが欲しかったんだー、実はそんなに欲しいものじゃなかったー、などの思いが、たくさん出てくると思います。

これらが解った後の方が、車が欲しい、服が欲しい、仕事が欲しい、恋人が欲しいなどの願望に、余計な固定観念みたいなものを付ける事なく、素直に純粋に願う事ができたように思います。

私が一番嫌だった、同じところをループするということや、自分で解決方法がだせない、というようなことに陥る事がなくなりました。

感情を感じきることは、認識の変更、自愛、自分を深く知る事、今にいることができるなど、万能だなというのが私の感想です。
しかも即効性があるので、現実に振り回される事も防げます。
ですので、感情と選択が一番大切だと思っています。
私にとってはエゴと言われるモノすらも、自分を教えてくれる手がかりです。

ブレインダンプは、頭の中の思考を紙に降ろして、それを客観的に見る方法だと今は捉えてます。

しかし、どこか頭で考えながらブレインダンプしていたし、紙に書かれる内容も予想していたように感じたし、自分しかその紙を見ないのに、ずーっと繕っている感じが拭えなかったのが事実です。

今でも時々ブレインダンプしますが、その時は自分が今何を考えているのかを確認する時です。
視覚化すると客観的になり、スッキリするので、頭の中の掃除かもしれませんね。

しかし私の場合は、ブレインダンプでは、認識変更へ導いてはくれなかったです。
頭で考えてるから、顕在意識の範囲を抜けられない。
頭では、自分の心の底の底、源というか、根本というか、何でもいいのですが、そこへたどり着けなかった。

つまり、思考が及ばない領域というのが潜在意識だと思うので、思考でそこまで行こうとするのは無理があるように思います。

思考はほったらかして、自分の感情を感じる事は、潜在意識へダイレクトにアクセスしてるように思います。
全てがあるんだという安心感は、その時からどんどん流れてきて、いつの間にか満たしていきます。
自分を満たすものをしっかりと理解する、体感するは、これは頭ではわからないです、思考ではたどり着けない。

その自分を満たすものが何か、それがわかることが、認識変更の答えかもしれないですね。
それが分かってしまえば、自分を自分でいつでも満たせますから、軸がしっかり自分の中に戻る感じです。
呼吸をするたびに満たされる境地かもしれません。
ですから、自愛は認識変更の手助けになりますし、突き詰めれば最後は同じところへ着くのだと思います。

だからと言って、願いがなくなる訳じゃないんです。
むしろより多くの願望が出てきますが、そのどれにも素直になり、体験したいと思うようになります。

無意識に思っていた、この歳でとか、女だからとか、自分には合わない、相応しくない など、取り去る事が意外と難しい固定概念が崩れるのを感じました。

本当に子供のように楽しめますし、求められます。
自分の力を信じられるようになります。
これはもう、揺るがない確信です。

思えば、自分の根本の願いを知ること、ただ知る事が、自分を満たす事だったと思います。
感情の源というのか、記憶の源というかは分かりませんが、そこから出てくる願望は、何かをして得る というものではなく、ただその願望に気づくだけでいい、というようなものでした。

それが分かった後に望む願望は、とてもクリアです、同じ願望でも、何だか全く違う。
願望が叶わないという事さえ、存在していいと認められます。
そして、全てがある、既にあった、叶ってるも叶ってないも、すでに色んな可能性が存在してる事が体感できて、
次はそこから体験したい願望を選択していくのみです。

認識変更にも色々な段階があると思います。
潜在意識を理解しても、何かが苦しい、ブレインダンプしても苦しい、と思うなら、感情をとことん丁寧に感じきるのが、そこを突き破ってくれると思います。

自分の大切な感情に目を向けることって簡単なんですが、意外にしないんですよね。
感情を感じきることは、本当に万能なので、感情に振り回された時に落ち着きを得る即効性もありますし、時間もかかりません。
今にいるし、ある世界へ直結です。
何回も言っていますが、やはり自分の感情と選択以上に大切なモノはないと私は思います。

タイトルとURLをコピーしました