【体感】「気づいてるだけ」に留まる。」「エゴが○○って言ってくる」と気づいたら、もうそれだけなんです。だから、エゴが何を考えていようが、何を言っていようが関係なく、「気づいてるだけ」なんです。

体感・気づき・方法論
質問さん
質問さん

例えば、超デブな人がいたとして、その人を見て「デブだ」と思ったとして、「デブだ」って思った時に「今、デブって思った」と気づくことは、気づくほうも思考だから、それは「自己観察のフリ」ということでしょうか?
「気づく」と言うのは、どの自分が気づくのでしょうか?
その自分というのは、「エゴ・思考」ではないのでしょうか?
それを続けていくと、別の領域を感じられるようになるってことでしょうか?

達人さん
達人さん

「エゴ」・「思考」、特に「不足」の方向に向いてる思考」は、大体の場合は、無意識に思考を垂れ流してるんですけど、ちょっと意識的になってみるだけで、「あ、今、○○って思った」とか気づけますよね。
その「ちょっと意識的になってみた」感じというのは、さっきまでの「無意識の思考の垂れ流し状態」から、パッと飛び出した状態なんですね。

何かを気づいたときの事を思い出してもらえるとわかると思うんですけど、「気づき」っていうのは、一瞬の、純粋でクリアな、夜空で一瞬ピカッと光る雷のような、直感的なひらめき、みたいなものなんですよね。
本当は「あ!」くらいに一瞬のものですけど、それを言葉で表現すると「あ、今、○○って思った」となりますよね。

「今、○○って思った」というのは思考なんじゃないか」ってところですが、まず、よっぽど深い意識の覚醒状態にでもならない限り、ある程度の認識能力はなくなりません。

完全に意識が覚醒した状態になると、「こんにちは」といわれても、ただの音にしか聞こえないし、それを発した友人が誰であるか、人間であるかどうかすらも、認識出来ないでしょう。
ちょっと思考停止しただけでそんな状態になってしまったら、日常で困ることばかりでしょう。
普通に思考を停止して別の領域の感覚を垣間見る程度なら、信号を判断して、ちゃんと渡ることも出来ますし、慣れてくれば、簡単な受け答えの会話くらいなら出来ます。

話を戻しますが、その一瞬の気づきがあった瞬間というのは「無意識の思考の垂れ流し状態」から抜け出た瞬間なんですね。
それは「自己観察のフリ」とか、「自己分析」とか言ってますけど、瞬間的に思考の外側に飛び出すことができても、「気づき」というのは、本当に一瞬のことなので、殆どの場合は、次の瞬間には思考の中に戻っているんですね。
一瞬光った後は、元の暗闇なんです。

だから「気づく」ところまでは出来てるんですけど、その後に、思考やら判断やらが入ると、それが「気づいたけど苦しい」とかになるんです。
「気づいたけど」ということは、気づいた後に何かしてるんです。
気づいたエゴに対して、判断やら分析をしようとするエゴと同化してるんです。

私は、別の領域に意識があるときは「気づいてるだけでいい」と言っていますが、逆を言えば、別の領域では「気づくことしか出来ない」んです。

「エゴが○○って言ってくる」と気づいたら、もうそれだけなんです。
そこで、そのエゴをどうこうしようと思わないんです。

その思考が自分を苦しめている思考だな」と気づいたとしても、「その思考はよくない思考だ」という判断や分析が出来ないので、ただ「そうなんだな」という感じしかないんです。
だから、エゴが何を考えていようが、何を言っていようが関係なく、「気づいてるだけ」なんです。

その「気づいてるだけ」というところに留まり続けるのは、今までの習慣としてなかったことなので、意識的にそこにいようとしないと、どうしても思考のほうに戻ってしまいます。

そして、「気づいたけど苦しい」とか、「どうにかしなきゃ」とか、エゴのほうにいってしまうんですね。
でも「エゴに気づけたから、「自己観察してる」と思ってるのだと思うんですけど、「それは違いますよ」ってことです。

エゴと同化してるときは主観になってます。
主観で「苦しい」といってるときは、観察になっていません。
だから「自己観察してるけど苦しい」というのは「客観視してるけど苦しい」ってことなので、それは自己観察できてないよ」ってことなのです。

だから、自己観察という意味では「エゴに気づいた意識」のほうが大切だということなんですね。
そこが、主観でなく、客観視できる場所です。
そこに意識の焦点を合わせて留まってると、エゴがどんなことを言ってても「苦しい」と感じることはないんです。

それと、気づいただけで、観察しないで終了している場合は、「あ、今、デブって思った」と気づいただけで、その「気づいた意識」には気づけていない。
一瞬気づいて「気づいただけでいい」らしいから、「気づいたけどそれが何なのか?」っていう感じなのだと思うんですけど、「気づいた意識」のほうに意識をおくから、観察できる位置にいられるのであって、そこにいるから「気づくだけでいい」という言い方をしてるんですが、一瞬気づいただけのことを「観察した」とは言わないです。

もちろん、一瞬気づいただけでも、いらない思考だから取り下げようとするなら、それはそれで、気づいたことを有効に活用できるので、いいと思います。
ですが、これは正確には「自己観察」じゃありませんよね。
私はメソッドとして、体系的に「自己観察メソッド」を説いているつもりはないので、別の領域の視点で観察するなり、エゴの領域で思考を取り下げるなり、その時々で自分のやりやすいように、適当にするのが一番いいと思っています。

あと、「自己観察」にこだわりすぎな感じがします。
その「エゴに気づいた意識」に気づいたら、そこが別の領域だから、「そこを頻繁に感じるようにするといいよ」っていうのが、元々のお話だったんですよ。

というのも、意識的に別の領域に意識があれば、「自己観察しよう」としなくても、不足の思考をしたときに、「あ!」と気づいて、自然に調和的な思考に移行するんですよね。

なので、別の領域を感じることを増やしつつ、何かしないでいられないエゴがあるなら、自己観察したらいいんじゃないかなって思うんです。

人それぞれ、やりやすいところから始めるのがいいと思うし、エゴから見ると「自己観察しよう」のほうがやりやすく見えるんだろうけど、
それでループに嵌っているのなら、「別の領域に意識をおく」ことのほうが早いかもしれません。 

108以外質疑応答【5】
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1311180098/
619 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/08/30(火) 11:31:39 ID:psg5Ebes0

タイトルとURLをコピーしました