【体感】「認識している私は誰か?」認識される対象は私ではありません。思考も、身体も、自我も、世界も、私ではありません。さあ、何が残るでしょうか。それをよく知り、味わうのが自己観察です。【自己観察】

体感・気づき・方法論
【体感】「認識している私は誰か?」認識される対象は私ではありません。思考も、身体も、自我も、世界も、私ではありません。さあ、何が残るでしょうか。それをよく知り、味わうのが自己観察です。【自己観察】
質問さん
質問さん

自己観察と願望実現はどう関係があるのでしょうか?

達人さん
達人さん

「私が願望実現する」という考えは、別の領域では成り立たなくなります。
実現していないという前提、対象と主体の分離、時間の想定などが、分離の世界の属性として、「願望実現」という言葉の中に含まれています。

この世界は”二元性”に基づいて成り立っているので、別の領域、一元を知らなければ、願望実現という考えは妥当性があるのですが、別の領域を知ればおかしなことだと思うのです。

ですが、別の領域の上にこの世界が存在しているということは、二元の世界が消え去るわけではないので、仮構としてこの世界は存在しています。
つまり、分離しているようにみえる私、願望実現しようとする私は存在し続けます。

重要なのはさんざん言われていることですが、別の領域を知ることです。
認識の変化を起こすことです。
意識としてのあなたは分離がないので待ち望むこともないですし、時間がないので既に叶っているというほかはありません。

全て持っているのは意識としてのあなたなのです。
身体・自我がすべて持っているわけではありません。
そういうわけで、意識としてのあなたからすれば、身体・自我レベルでは何をしたって無駄なので、何をしてもいいししなくてもいいし、無条件にうけとっていい存在だということがわかるのです。

じゃあすぐくれよ、と言われても、そうはいかないのがエゴにとってはもどかしいところではありますけどね。
時間は二元の想定であり、別の領域にはないので、「叶うのにタイミングは選べない」ということだと思います。
ただ、すべてが最善に起こります。

完璧、全という属性たる意識、つまり、別の領域の上に分離たるエゴがあって、しかも私たちが自分=エゴ、身体、自我だと思い込んでしまっているので、分離が有効になってしまっているのです。
だから別の領域を知って分離に妥当性、有効性を与えるのをやめれば分離は妥当性、有効性を持たなくなります。
その状態ではまさに分離しているかのように見える身体、自我も別の領域の現れとして存在しているので、あなたが分離を有効だと思わない限りは分離の属性がありません。

そのとき何が起こるのかというと、主体は別の領域であり、こっちの世界にはないので、主体、(意識=別の領域)の属性たる完璧、最善しか残りません、だからもう何もする必要がありません。
「叶ってない」が虚偽なのだから、しかも身体・自我は力を持ちませんから「何もできない」と悟って別の領域を信頼して「何もしない」でいることができるようになります。
108さんのDEBUGのように、「主よ、あなたの最善をお与えください」と心から言うことができるようになります。

そのとき、身体・自我は別の領域の属性と一致しているので、つまり、分離を働かせていないので、最善が与えられます。
ただこの世界の時間や、「ある・ない」などの”二元性”という属性上、客観的には「実現を待つ」という状態が発生します。

自己観察のコツみたいなものですが、たとえば、あなたの手元にカメラがあると想像してください。
そのカメラはあらゆるものを写すことができます。
ですが、唯一写せないものがあります、それは「カメラ自身」です。

「カメラはカメラを写すことができない」
このことから、「カメラが写せるものはカメラではない」ということがわかります。

「私が認識する」、ということについて考えてみます。
普通に、身体・自我としての私を考えてください。

「私は身体を認識できる」、「私は自分を認識できる」ということができますよね。
ここで、「カメラが写せるものはカメラではない」ということをを思い出してください。
このことを「私が認識する」に置き換えると、「私が認識できるものは私ではない」ということになります。
認識できるもの、あるいは、認識されるものどちらかが「私ではない」ということになりますね。

当然、認識されるほうが、「私ではない」のです。
例えばあなたの手は認識されるほうですが、手が「私です」と主張しだしたら怖いですよね。
つまり認識するほうが私で、手とかは本来私じゃありません。こういう意味で錯覚と言われています。

じゃあ、その「認識している私は誰か」ということにどんどん迫っていきましょう。
認識される対象は私ではありません。
思考も、身体も、自我も、世界も、私ではありません。
さあ、何が残るでしょうか。
それをよく知り、味わうのが自己観察です。

自己観察スレ4
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1555706365/
73: 幸せな名無しさん :2019/08/14(水) 12:57:00 ID:92xW4gUQ0

タイトルとURLをコピーしました