【気づき】「充足と感謝はセット」「充足と感謝」はセットです、それは「不可分」です。「充足を見る」ということは、一般的な意味での、所有権の確認ではないです。【所有権】by108さん

体感・気づき・方法論
【気づき】「充足と感謝はセット」「充足と感謝」はセットです、それは「不可分」です。「充足を見る」ということは、一般的な意味での、所有権の確認ではないです。【所有権】by108さん
質問さん
質問さん

私は、「感謝する」というのはわかりますが、「充足を見る」というのが、いまいち分からないです。
コップに水が入っているのを見て、「半分しかない」とみるか、それとも「半分もある」とみるか、という話がありますが、108さんの考えでは「充足をみる」というのと、「感謝する」というのは同じでしょうか?

達人さん
達人さん

あなたが充足を見ようと思ったときに、「充足を見ることが願望実現のための条件なら仕方がない、見てみるか」、という状態なら、あなたは充足を見ていません。
したがって、当然感謝することも出来ないでしょう。

あなたが「コップに水が半分しかない」と思っているのに、「コップに半分も水がある」と思おうとしても無理です。
あなたは既に、コップの水を、不足の観点から捉えているからです。
つまり、二元性の観点から一歩も出ていないということです。

これは、ポジティブ思考を行おうとするときにも良くある落とし穴だから気をつけてください。
これを回避するには、なんの判断もなく、ただそのままで認識することです。

「コップに水が半分入っている」、これがそのままです。
「コップに水が半分入っている」、ただそれだけです。
「コップに水が入っている」、というのでもいいですね、量は関係ないです。

「コップに水が入っている」と、あなたが認識した時点で、あなたの経験にコップと水が入ってきました。
あなたはコップでも水でもないのにも関わらず、あなたは、「コップに水が入っている」という経験をしました。
なぜでしょうか。

あなたはコップも水も認識できましたが、それがあなたの意識の範囲に入ってきたということは、あなたは「コップと水を持っている」ということです。
これは、「あなたが購入したので、あなたが所有権を有している」、という意味ではありません

あなたの意識に入ってきて認識したものを、あなたは経験しています。
あなたが経験しているということは、それは紛れもなくあなたのものだということです。

もう少し具体的に説明しますが、あなたが街で高級車を見かけたとして、「これは私の欲しい高級車だが、誰か他人の所有物のようだ、忌々しいな」と、エゴによる所有権のアイデアを持ち出して充足を遮断するのか、それとも、「これは私の欲しい高級車だ、なんて重厚な色合いと風格だ、素晴らしいな」と、ただ単に、それが経験の中に入ってきたことを喜んで、経験として所有できたことを喜ぶのか、ということです。

実際に、一般的な意味で、高級車を所有することに近いのは後者のほうです。
なぜなら、もう既に、所有したのと同じメンタリティーになっているからです。
これが充足です。

その上で、最初のご質問に戻ると、「充足と感謝」はセットです、それは「不可分」です。
充足を見るということは、一般的な意味での、所有権の確認ではないです。

「それを見る」ということは、それを自分の経験として招き入れるということであり、所有権というエゴの概念をすっ飛ばして、直ちにその経験に突入する、ということです。

108質疑応答
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1235909400/
3292 名前:108★ 投稿日:2010/03/02(火) 02:30:14 ID:???0

タイトルとURLをコピーしました