【体感】「結果は勝手についてくる」「嫌なことはやらない、我慢しない」っていうのも大事かなあと思ってます。やりたいようにやって、そこに罪悪感や焦りがなければ、結果は勝手についてくるんです。

体感・気づき・方法論
【体感】「結果は勝手についてくる」「嫌なことはやらない、我慢しない」っていうのも大事かなあと思ってます。やりたいようにやって、そこに罪悪感や焦りがなければ、結果は勝手についてくるんです。
達人さん
達人さん

2年近く前の私はどん底にいて、結婚したかった彼氏に絶縁され、無職だし、貯金もなく、おまけに病気もいくつかあって、先が見えないことが不安で、死にたい気持ちだった。
彼との復縁を願って、なんとかならんもんかとネットを徘徊してた時に、チケットを知った。
最初はものすごく希望が湧いて、ちょっといい方向に回りだしては、エゴが爆発して、更にどん底の繰り返しだった。
だけど、「本当は7章の世界なんだ」という気持ちや、それを信じようと思うことはやめなかった。

あまり本は買ってないのだけど、チケット、「セドナ」、「マネーゲームからの脱出」はものすごく役に立ったと思う。
それから、達人さんたちのまとめを何度も読んで実践したり、自分を責めない「一日メソッド」をとにかくやってみた。

セドナをやって、私の根底には根強い罪悪感があって、幸せを自分に許可できないということに気づいた。
だから、とにかく自分を責めない、何を考えても、何をやっても、自分を否定しないということを続けた。

そうしていく中で、気づいたら人生がうまく回り始め、自分がどんどん解放されていった。
爆発的な気づきも何度かあったけれど、徐々に認識が変わっていったことが大きかったと思う。

成功体験の一部を挙げると、ずっとやりたかったけど、資格もないから無理だろうと思っていた仕事に就けて、労働時間は1日4時間ぐらい。
なのに、月収が30万ぐらいあって、好きなもの買いまくっているのにお金に困らないし、人間関係がめちゃめちゃ良くなったし、行きたいと思っていた場所に行けたり、
一生治らないんじゃないかと思っていた病気が治ったり、ずっとできなかったことを克服したり、チケットを知るキッカケとなった彼と、とても良い関係になれた、などです。

人生って、本来の自分に戻っていくための壮大なゲームなんじゃないかと思ってる。
死にたいくらい辛いと感じることですら、そのプロセスのひとつに過ぎなくて、周囲の人たちもそのヒントをくれる存在にすぎない。
今も嫌な人や不快に感じる出来事がないわけではないけど、そういうものこそが気づきをくれるアイテムだなあと素直に思えるし、瞬間瞬間が愛おしくて楽しいなと感じる。
今苦しくてもがいている人も、その時間すらも、ひとつのプロセスに過ぎないので、大いにもがいて、このゲームを安心して楽しんでほしいなと思う。

質問さん
質問さん

私も「短時間で十分なお金を稼ぐ」というのを望んでいますが、なかなか叶いません。
他はうまくいっているのですが、お金に関して、何かコツなどありましたか?

達人さん
達人さん

お金や仕事に関してのみ、うまくいかないということであれば、あなたの中に何か根強い観念があるのかもしれないですね。
お金に関して、嫌な感情が湧いたら、その都度、セドナなどで解放するのはお勧めです。
あとは「マネーゲームからの脱出」は、読むだけでも観念がなくなっていくかもしれません。

私はマネーゲーム本を読む前に、今の仕事に就いたんですが、別の仕事に就いたり、紆余曲折はありました。
ただ、自愛や、自分を責めないメソッドをしているうちに、向こうから仕事がくるようになったので、就活は一切してません。

また、自分を責めないことは思考をとめることに繋がります。
私は瞑想が全くできなかったけど、思考をとめるうちに、直感が研ぎ澄まされていったような気がします。

だから、向こうからきた仕事で「やりたいな」と素直に思えたり、不快な気持ちにならないものには素直に飛びつきました。
それらから、今の仕事に繋がっています。

逆に、いくら思考で「これはおいしい仕事だぞ」と囁いてきても、不快や焦りが付きまとうものに関しては、進みかけても止めました。
これに関しては、後から「止めてよかった」と思える情報が入ってきたりもしました。

質問さん
質問さん

セドナをするだけで、欲しいものが手に入った感じなんですか?

達人さん
達人さん

私の場合は「セドナ」だけでなく、達人さんのまとめや、「自分を責めない」メソッドも続けました。

最初は「引き寄せの法則」から入ったので、アファメーションやリストアップ、イメージングなんかを、取り憑かれたようにやっていた時期もありました。
それらをしていて、「すべて在る」というのを感じたことはあったし、復縁もしたので、無駄とは思わないけど、焦燥感や根強い観念が変わらないままだったので、エゴが爆発で、結局は手に入れたものをまた失いました。

ただ、それらもプロセスの一部で、大事な流れだったんだなと、今は思っています。

他の人達も言っていると思いますが、色々なメソッドは「認識の変更」や「本来の自分に戻っていく」ためのアイテムにすぎないので、それによって願望を叶えるものではありません。

ただ、結果として、現実でも「あたかも願望が叶ったように」、現象が現れてくるとは思います。

質問さん
質問さん

私は、自由にやれる仕事、不労所得・短時間の仕事を望んでいて、好きなことをするための十分なお金を望んでいます。
「自由な仕事を手に入れたけど、収入が減った」など、どちらかが叶うと、片方が制限されるというパターンです。
「使った労力・イコール・お金」という観念があるのかもしれませんが、意識してもなかなかはずれないみたいです。

達人さん
達人さん

もしかしたら、方法を制限しすぎなのかもしれませんね。
「好きなことが存分にできて豊かな生活」が望みであるはずなのに、「それには不労所得や短時間で収入を得ることが必要だ」と、観念で決めてしまっているのかもしれません。
もう少し、ゆるく意図してみてもいいかもしれません。

それから、やりたい仕事はありますか?
やりたいことをやっていると、お金は後からついてくるように思います。
先に儲けを考えないことです。

私は今の仕事をするときに、周囲から「半分ボランティアみたいなものだし儲からないよ」と反対されましたが、「ものすごくやりたかったことだから関係ない、本当に好きなことをやっていれば、お金は後からついてくる」と思っていたので気にせずやりました。
その結果、十分なお金も手に入りました。

また、趣味をとことんやっているうちに、気付いたら年収500万ぐらいになっていた友人もいます。
世間では仕事とは思われないようなものですが、人に迷惑をかけないものなので関係ないですよね。

メソッドで観念が外れない時は、視野を広げてみると勝手に観念も外れるかもです。

質問さん
質問さん

今は海外旅行とか、悠々自適の生活、遊んで暮らすことの方に惹かれます。
今すぐ海外旅行に行けるお金は一応あるのですが、貯金が少なくなるのは嫌だというジレンマがあります。
イメージしていると、本当に海外旅行や自由な生活をしている感じがして、気分はよくなります。

達人さん
達人さん

趣味の海外旅行が、お金が減るものではなく、お金が増えるものだっていいはずですよね。
イメージングも、気分が良くなるのであれば、どんどんやるといいです。

あと、本当にシンプルに、「嫌なことはやらない、我慢しない」っていうのも大事かなあと思ってます。

父親の話なんですが、脱サラして、喫茶店を始めたんですね。
そこそこお客さんも来るようになったのだけど、近くの会社の人たちが雑誌を読んで長居するようになったんです。
狭い店なので、他のお客さんがはいれず、それがものすごくストレスだったようで、ある日・雑誌を全部撤去したのです。
当然、雑誌目当てで来ていた会社の人たちは居なくなり、店は閑古鳥になりました。

ところが、それまで満員ではいれなかった、近くの病院のお医者さん達が来るようになったのです。
お医者さんは忙しいので長居もせず、回転率もいい。
結果として年収が一気に700万ぐらいになったそうです。
やりたいようにやって、そこに罪悪感や焦りがなければ、結果は勝手についてくるんです。

108式実践・成功体験談スレ【3】
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1346080993/
145 名前:1/2 投稿日:2012/12/29(土) 01:10:03 ID:frHeBwGM0

タイトルとURLをコピーしました