【考察】「今この瞬間を愛に変える」自愛してなくて注意されることはありえません、なぜなら自愛は全部OKなのですから。自愛が、今の自分の状態を愛に変えてくれる強力なメソッドなのは確かです。

体感・気づき・方法論
【考察】「今この瞬間を愛に変える」自愛してなくて注意されることはありえません、なぜなら自愛は全部OKなのですから。自愛が、今の自分の状態を愛に変えてくれる強力なメソッドなのは確かです。
質問さん
質問さん

私は、頑張ってブロックを外さないと、モチベーションは上がらないと思っています。

達人さん
達人さん

私は、クレンジングさえすれば現実が好転すると思えるなら、一生懸命に取り組むモチベーションは高まる」ということを言いましたが、「モチベーションが高まる」というのは、一番最初の取っ掛かりのことです。

クレンジングメソッド系の本を手にとって、知識を手に入れた瞬間というのは、全能感に包まれて、「どんどん解放していこう」っていう気になりますよね。
この意味では、解放へのモチベーションは高まりますよね。

そして月日は流れると、「現実が動いていないぞ、でも解放をやめたらもう希望もなくなってしまうな、この状態が続くことは絶対いやだな・」といった気持ちから、「解放するのに疲れているのにやっている」といったように、最初の純粋なモチベーションではなくなっているのです。

まず、メソッドにおいて、「モチベーションを自分であげることはありえない」と思ってください。
解放は、したときに気持ちいいからするのであって、「しなきゃいけない」というネガティブな気持ちになったら、この瞬間に「不足」を生み出しています。
しかし、それはある意味チャンスです。よく言われている「ネガティブアラーム」というものが作動しているんです。

「ネガティブアラーム」は、『そのスタンスは間違った方向に進んでるよ』ということを教えてくれているのです。
メソッドが辛くなったら、そのメソッドを疑うチャンスです。

次に、「自愛」について考察しますが、これは実はとても万能であり、他のメソッドの全てをカバーできます。

ネガティブアラームの話をしましたが、そこにも落とし穴が潜んでいます。

「間違った方向に進んでしまったぞ、私ってやっぱりダメだなぁ」と、思ってしまうのです。
私たちは大抵、正解が一つしかない試験を学校でたくさん経験してきました。
間違えるたびに点数は下がり、それは教育上悪いこととなっています。
躾も、決められたこと以外のことをすれば怒られます。
そういう「正解」といわれているもの以外のことをしたときに、自分を責めてしまったり、罪悪感に襲われますよね。
「正しい・正しくない」というものに左右されるように心が形成されている、といっても過言ではありません。

そういった観念を、「ネガティブアラーム」が起きたときにも持ってきてしまうのです。

「感情は湧いたら蓋をせずきちんと解放しましょう」、というメソッドをしていたのに、「さっきあの人の前でつい感情を抑えてしまったな」と自分を責めてしまいます。

「自分の心の声を聴きましょう」、というメソッドをしていたのに、「会社にいる間にそんなこと思い出してる暇もなかった、心を無視してしまった、自分を大切にしてないな、自分は何やってるんだ」と自分を責めてしまいます。

このように、メソッドの指南に対して不適切なことをしたら、罪悪感を感じたり、自分を責める方向に向かってしまうことが本当に多いと思います。

自愛が他のメソッドとちょっと違うのは、そういう「正解とされていること」以外のことをやってしまった自分の全てを包みます。
「それでもいいよ」ということです。

自愛は、罪悪感を感じたり、自分への怒りの状態で満たされようとしている、まさに今この瞬間を、「愛」に変えてしまいます。

さっきの例でいえば、「人の前だと感情抑えちゃうときもあるよね」・という感じであったり、「会社に行ったら自分の心に耳を傾けるの忘れちゃうときくらいあるよね」というような感じです。

人に自愛を進めている人が「そういう時に自愛をしなきゃいけないんだよ!」というように言っているのを見たりしますが、本当の自愛というのは「自愛すべきであろうときに自愛できなかった自分でもいいや」というものなのです。
自愛してなくて注意されることはありえません、なぜなら自愛は、全部OKなのですから。

自愛が、「今の自分の状態」を愛に変えてくれる、強力なメソッドなのは確かです。

潜在意識メソッドの共通点を見ることで核心に迫るスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1394723910/
34 名前:1 投稿日:2014/03/14(金) 22:27:27 ID:bQC9SEx.0

タイトルとURLをコピーしました