【方法論】【詭弁さんpart11】「どこからも逃れるな。希望と絶望とともにあれ。」あなたが幸せを得ようとするとき、現実に不幸せな状況を固定する。あなたが満たしたいと思えば思うほど、空の器は大きくなる。

達人part
質問さん
質問さん

何かを叶えたい渇望から なかなか逃げられないです

達人さん
達人さん

渇望からは逃れなくて良い。
渇望を固定したモノして扱い、それをどうにかしようとするから渇望が固定される。
現実を固定したモノとして扱い、それをどうにかしようとするから現実が固定されるのと同じ。

そして、私に自分が変われ、と言われたあなたは、「変えなければならないあなた」を固定している。
変えるのではなく、固定すべき対象などないということを知るのだ。
あなたがたが「する」とき、どこまでも何かを固定する。
ヒーローが悪役を成敗するとき、現実に成敗されるものを固定する。
あなた方が願望を叶えようとするとき、現実に叶えられていない状況を固定する。
あなた方が幸せを得ようとするとき、現実に不幸せな状況を固定する。
滑稽なことに、あなた方が得たいのはプラスだ。
固定されるのは、マイナスなのだ。

満たすには空の器が必要。当たり前のこと。
あなた方が満たしたい、満たしたいと思えば思うほど、空の器は大きくなる。
全ては調和のもとにある。この皮肉に満ちた世界を変えたいなら、なにもしようとするな。

それは、固定された状況を固定して受け入れるのではない。
それすら、するな。
「変えなければならないあなた」などどこにもない。
そんなものを固定するな。
「変えなければならない現実」などどこにもない。
そんなものを固定するな。
どこからも逃れるな。希望と絶望とともにあれ。

「他人」や「動植物」を「見て」沸き起こる「思考」や「感情」や「物」や「物質」を触って得る「感覚」「認識できるすべて」とともにあれ。

それと同化すれば、それは固定されない。
それに振り回されるものもいない。
あなた方は、「思考」や「感情」「肉体」にしか同化していない。
全てと同化した時、物語はおわる。
その時、この詭弁に満ちた、皮肉的な物語は幕を閉じる。

「焦り」や「不安」といった「思考や感情」。そしてその「対象」
あなた方はそれらのうちのどれかではないが、どれでもなく、どれでもある

どれかに同化したり、どれかから離れたり……
そんなことを繰り返し、対象と自己の間の境界に立ち、苦しむ。
空の器を満たすため、終わりなき旅を続ける。

そんな不毛な旅を終わらせるには、全てと一体化するか、全てと離れるしかない。
あなた方は肉体であり、思考であり、感情であり、憎き者であり、愛す者であり、カミキリムシであり、アメーバであり、犬のフンだ。
同時に
あなた方は肉体ではなく、思考ではなく、感情ではなく、憎き者ではなく、愛す者ではなく、カミキリムシでなく、アメーバでなく、犬のフンでない。

真的な意味であなたが変わるとは、まあそういうことだよ。
対象をとれなくなる。ということだ。

質問さん
質問さん

満たされるっていう体験は難しいですね

達人さん
達人さん

満たされるという体験は、本当に些細なことでもいい。
どんな絶望的な状況でも、満たされるっていうことは忘れちゃならない。
舌は越えちゃならん。

自愛の一環だけど、息を吸うごとに幸せやいい妄想を吸い込み、息を吐くごとに不幸や気になる過去・未来を吐き出してみるといい。
息をしているだけで幸せという領域を目指せるようにする。
どんな時でも自分を幸せに、満たしてあげられる能力だよ。最強の自愛だ。

質問さん
質問さん

なんにもしなくていいんですか、もうわからなくなってきました。

達人さん
達人さん

あなたが、実際に物理的に自分のものであると認識しているもの、
あるいは必ず手に入ると約束されている物にたいして何かしてるか?
お祈りしてる?アファメーションしてる?
それを自分のものにするために、何かしてるか?
そういう心境に至らせるためにあらゆるメソッドがあるの。
あらゆる屁理屈や詭弁が存在するの。

質問さん
質問さん

さっき通販で本を注文したけど、アファとかしてないけど、でももう手に入るって思ってるってことは、願望にもそれを適用すればいいってことですか?

達人さん
達人さん

まあ、そういうことだね。
あなたが、その本を心待ちにしている時の心境とはどういったものだろうか。
そして、かつてあなたが求めたが、既に家の中でホコリをかぶっている本に対する今の心境はどういったものだろうか。

質問さん
質問さん

心待ちにしてる時の心境は「楽しみ~♪ 早く届かないかな♪♪」
ホコリかぶってる本は、そういえばあったなあと思い出しました。
楽しみにしているのは、心待ちにしてるほうの本です。

達人さん
達人さん

「既にある」本より、「未だない」本について考える方が楽しい。と誰に聞いたところでそう答えるだろう。
「既にある」ものなんてどうでもいい。なぜなら、当たり前なんだから、とね。
皮肉なことだがね。あなた方は願望を叶えてしまいたいんじゃないんだよ。
常に「願望を叶え続けたい」んだ。

あなた方は人生に意味やかけがえのない何か、重要性を欲しているだろう?
人生を通して、何かを成し遂げたい、そう思うだろう。

それは実現している。
あなた方にとって、常に得られない「大事な何か」があることによって、
あなた方は人生に意味や希望、目標、目的、かけがえのない何かが実現している。
「願望を叶え続けていたい、人生に意味や希望が欲しい」のに、あなたにとって最大の意味を持ち、
最大の目標たる一番の願望が完全に叶ってしまったら、どうだ?

それが当たり前になり、関心がなくなる。
あなたの人生から意味や希望、かけがえのない何かが失われることになる。
何かを叶えたいなんて思えなくなる。目標がなくなる。意味が失われる。目的がなくなる。
それを、あなた方は猛烈に嫌がっているだけだ。

あなた方は、自分で猛烈に実現に抵抗している。ただ、それだけのことなんだよ。

達人さん
達人さん

あなた方が、一番叶えたい大きなこと。
それがかなってしまったら…
人生に意味も希望もなくなる。望みを未来に持てなくなるんだ。
なぜなら、望みが既にあるから。既にあるものは、かつてどれだけ望んだものであろうが、関心などなくなることがよくわかってるから。

それが怖いんだよ。あなた方は。
夢に向かって、希望をもってボロボロになりながらも生きていたいんだ、あなた方は。

人生に意味を見出したい
何かを成し遂げたい
希望を持ちたい
大切な何かが欲しい
叶え続けていたい
欲望を満たしたい

全部叶ってるよ?

だがら、あなた方のいっちばん大切にしたいものが、うまいところ手の届かない位置に置かれて、走り続けることになってるんだよ。

人参ぶら下げられて走ってるような馬と同じ状態なんだよ。
滑稽なことにその人参は自分でぶら下げている。
人参を得てしまったら、馬にとってはなぜか絶望(=希望が叶う)するからだ。
自作自演の願望実現ゲームだよ。

そんなのやめてとっとと叶えたいって?
なら、人生に意味や希望、大切な何かを見出すのをもうやめにすればいい。
そして実現すればいいのだよ。
もちろん、実現すればあなた方にとって、それはどうでもいいものになるよ?当たり前になるから。
当たり前になるのが怖いなら、どうでもいいものになるのが怖いなら、それがあなた方の実現に対する猛烈な抵抗なんだよ。

達人さん
達人さん

あなたにとってその願望の実現が重要であればあるほど、あなたの行動や思考、生活のほとんどがその願望の実現のために注がれているはずだ。
そんな中、願望がぽろっと実現してしまったらどうする?

あなたが叶えるためにしていた、全てが終わることになる。
意味がなくなる。希望がなくなる。行動力の源がなくなる。
そして、ボロボロになって得たものは当たり前のものとなり、以前ほどの関心や執着、重要性など抱けようはずもない。

そんなの、あなたにとっては自己存在の否定そのものだ。
そんなの、あなたは絶対に嫌なんだ。
だからあなたは叶え続けるだろう。
そこに、人生の意味を、夢を、希望を、大切な何かを、見出す限りね。

質問さん
質問さん

当たり前の日常の、どこが恐怖なのかさっぱりです

達人さん
達人さん

当たり前の日常には、恐怖をはじめとして、取り立てて抱くような感情など何もない。
当たり前だからね。

だがね、願望実現に向けて必死な日常が、当たり前の日常だとしたら?
人生に意味や夢や希望を持って、大切な何かを見出して生きるのが、あるべき当たり前の日常だと考えていたら?

全ての願望が実現してしまうのは恐怖そのものなのだよ。人生そのものの否定、終わりなんだ。
悪役を倒すのが、ヒーローの一番大切な目標であり、あるべき当たり前の日常なんだよ。
それが終わったら、番組は最終回だ。悪役を倒すことに全力を傾けながらも、その完全な達成を全力で拒否しているのが、あなた方ヒーローだ。

質問さん
質問さん

確かに、生活のほぼ全てが願望実現のために生きていることに気がついた。
何か楽しいことや、やりたいことを見つけるのも、好きな物食べるのだって、「願望実現のために」心地よくなるためだもんね、息苦しいけど、やめられないんだ。
エゴにとっての幸せは刺激だという意味が、今よく分かるよ、渇望が病みつきなんだよね。
達成した瞬間のために頑張ることが、美しく素晴らしいものなんだという信念があって、「頑張ることに意味がある」と思っているんだ。
実際はなんにも意味はないのに、多くの人がこの信念を持っているんだ。
「幸せ」は全て等価なんだね、
大金を得ることもご飯食べることも道端の花が咲いて綺麗だなって思うことも、全て等価なんだ。
でも「達成した瞬間の幸せ」を刺激的に感じたいがために、日常を憂鬱に暮らして、頑張ることを強いられている。
でも、その意味の無さが分かったからこそ、いわゆる「今を生きる」ってのが出来るんじゃないだろうかと思ったよ。
一瞬の幸せじゃなく、日常的にある充足、幸福、それを味わって生きること、それが願望実現に一番近い状態なんだね。

達人さん
達人さん

その通りだよ。
そこまでわかってはじめて、「今を生きる」ということがどれほど素晴らしいことか、身に沁みてわかるんだよ。
それまでは、ただの詭弁でしかない。

幸せなんてもう、求めなくていいんだ。
そんなものは、ただの「刺激」だ。
幸せなど、さらなる「刺激」を求める心を生む、渇望と不幸のもとだよ。まさに麻薬。
そんなものに意味を見出す必要は、もうないんだよ。

やっと、気づけたね。おめでとう。
それでいい。あなたはそのままでいい。
もう何も得る必要はない。何もしなくていい。
子どもの頃に戻って、今を生きるんだ。

潜在意識を使いこなす達人が集うスレ21
415 名前:詭弁[] 投稿日:2013/12/13(金) 00:58:48 ID:zKTk8Igs0

タイトルとURLをコピーしました