【方法論】【詭弁さんpart12】「夢はあっても、今を犠牲にしないのが、今を生きる在り方なのだよ。」全に満たされれば、夢も希望もなくなるかわりに、全てが今にある。

達人part
達人さん
達人さん

あなた方は生きて、願望を実現し続けたい。
つまり願望実現ゲームをやり続けたいんだ。
ゲームクリアはしたくないんだよ。
だから、そのゲームの一番大切な願望(ゲームクリア)は、その実現自体がゲームの終了を意味してしまう(と錯覚している)から、絶対に叶わないということだ。

幸せになるのが最終目標なら、いくらものを得ても幸せは完成しない。
いつも幸せを先に見続ける。
どうすればいいのかって?
あらゆる願望実現ゲームに目標や意味(ゲームクリア)を作らなければいいだけのことだ。
クリアがなければゲームそのものが崩壊する。
ゲームはそこで終わりだ。

質問さん
質問さん

願望が病気の克服でも 願望実現ゲームを楽しんでるんですか?

達人さん
達人さん

病魔を倒すのが、闘病者の一番大切な目標であり、あるべき当たり前の日常なんだよ。
それが終わったら、番組は最終回だ。病魔を倒すことに全力を傾けながらも、その完全な達成を全力で拒否しているのが、闘病者だ。
このゲームは、そのゲーム自体を楽しんでいるのか苦しんでいるのかは問題ではない。
特定の願望実現ゲームをやっているということ自体が、特定の願望が叶わない最大の要因なんだよ。
クソゲークソゲーいいながらやってても終わるわけないだろう。

実際、この世界に「人生ゲーム」なんてものはないし、「願望実現ゲーム」なんてものもない。ただの概念。詭弁だ。
あなた方が勝手に作ってるんだから、それを終わらせるのもあなた方の役割だ。

あなた方は、人生ゲームや願望実現ゲームが終わったらおしまいだと錯覚しているが、そんなゲームなくても、あなた方は子どもの頃、そんなゲームなど作っていなかった頃の方がよほど純粋に、あなた方が大人になって勝手に名付けた「人生ゲーム」という名の「それ」を楽しんでいたのではないか?
男の子も、女の子も、純粋に、何も考えず、目の前のことに笑っていられたのではないか?
それが今に生きるということだよ。

質問さん
質問さん

数ヶ月前に愛犬を亡くしてから、毎日悲しくて、今いる犬もいずれ無くなると思うと怖くて、今に生きられません。

達人さん
達人さん

あなたは悲しみや恐怖を克服し、楽になりたいゲームをやっているようにみえる。
その悲しみや恐怖は克服する必要はないよ。
何かしらを達成することをやめた時、あなたのその悲しみは力をなくす。

質問さん
質問さん

願望実現ゲームなんてしたくない、叶わなくて幸せなんて、心底から思えないです。
絶対に変えてみます、ゲームを楽しんでる訳じゃないです。

達人さん
達人さん

あなたは願望実現ゲームにはもううんざりしている。
だから潜在意識を利用して全てを思い通りにするため、全力を注いでいる。
今が嫌だから、絶対変える。

あなたがやっているのは、「願望実現ゲームをやめて全てを思い通りにする」という願望の実現ゲームだ。
未来に、目標や希望を設定し、せっせとゲームに取り組んでいる。
そのゲームには並々ならぬ情熱をもって取り組んでいるはずだ。
あなたの人生そのものであるかもしれない。

お分かりかと思うが、結局、やめるどころかゲームにやみつきになっている。
ゲームにやみつきになっているあなたは、おそらくそれを達成することはない。
ゲームがクリアしてしまったら、こまるのだよ。
まず、その目的や目標、希望を見出すのをやめ、とっととそれを実現してしまいなさい。
そうすれば、おわる。すぐだよ。

いいかい。
人生には、未だ完全には満ちていないから希望があり、夢があり、意味があり、大切な何かがあり、目標があり、目的があり、人は未来に向かって努力をするんだ。

ならば、完全に満ちている人生とは、どういうことなのか。
それは、希望もなく、夢もなく、意味もなく、大切な何かなどなく、目標もなく、目的もなく、ただ目の前のことを味わう人生なのだよ。


あなたが今満ちているか否かは、どちらの人生を選んでいるのか、ただそれだけの話なのだ。
そんな複雑な話でもなんでもない。至ってシンプルなのだよ。
一見、前者の方が素晴らしい生き方をしているようにみえる。
夢に向かって希望を持って頑張っているのだからな。
ただな、何も知らない子ども達が選んでいる生き方は、後者なのだよ。
大人にしたって、幸せそうに見える人は、割と何でも適当だろう?笑

全ての希望を捨て、夢を捨て、意味を捨て、大切な何かを捨て、目標を捨て、目的を捨て、全ての努力を放棄し、ただ目の前のことを味わえばいい。

それが「何もしない」ということであり、「今に生きる」ということであり、「充足を見る」ということであり、「既にある」ということであり、「あるがまま」ということであり、「求めない」ということであり、そして、間違いなく、あなたを一番満たしてあげられる在り方だよ。

※自愛・アファメーション・ブレインダンプは、叶える立場からできる最良の方法の一つ。
一定の効果は期待出来る。それでうまくいくなら、それでもよい。
徹底的にやれば結果に出ないことはない。
どちらにせよ、まずはメソッドを通した実践で自分が抵抗していることを知る必要があるのだ。

人生に何も求めないってまるで仙人のよう……
目の前にある充足で生きろってことか…

幼稚園の頃にはすでに夢も目的もあったなぁ。
大人になったらケーキを好きなだけ食べるんだみたいなものだけど(笑)
このゲームなんだかんだ、皆楽しんでるんでは?
全てがすぐに叶う世界なんてつまらないし、試行錯誤してやっと叶った~って言うのが好き。
そんな人達がこの世にいるような気もする。

そんな夢も希望ももたないとかあり得ないよ。本田宗一郎がカブを作ったり、エジソンが電気を発明したり、ライト兄弟が飛んだよ。
夢も希望もあったからでしょ。その後に憂いてたかは知らないけど。
詭弁さん前にそのようなこと書いてなかったったけ?私は夢も希望も持つよ。今あるもので充足感を持つことが大事なのは今充足感を得るためにはわかるけど、ちょっと違う気がする。ここにいる人は少なからず願望があって潜在意識まで辿り着いて、色々解釈しながら見てるんだし。

達人さん
達人さん

私の言葉に対しては、そんなの仙人だ、そんなのあり得ない、夢も希望も持ちたい、という意見があるだろう。

基本的に、あなた方はゲームにやみつきだ。だからそういう拒否反応が出る。
これで、わかったろう?あなた方は、間違いなく、自分から望んで、今すぐ全部なんか叶えたくないんだ。
そんなゲームは面白くない。刺激がない。

結局は、頑張ってる自分が大好きなんだよ。
それで得れる対価だから、価値を見出しているんだ。
得にくいものだからこそ、叶った時に感動する。
潜在意識すら、それを頑張って実践して叶えることに価値を見出しているんだ。

それは、言いかえればマネーゲームだ。
そのゲームが楽しいならそれでいい。未来に夢を描き、それに向かって努力する。
それはそれで、素晴らしいストーリーじゃないか笑
努力や感動ストーリーが好きならどうぞお好きに。

ただね、完全に満たされれば、夢も希望も未来にはなくなるかわりに、全てが今にある。
何もないということは、全てあるということだ。
得ることによる感動も、薄れる。

子どもたちは仙人ではない。求めないとはそういう話ではないのだ。
遠い未来を追いかけていない、ということなのだよ。
もちろん、子どもだってもうゲームにハマり出している。
大人ほど中毒にはなっていないから、すぐやめれるだけだ。

たとえケーキ屋になりたいとか、消防士になりたいといっても、その実現のために具体的な努力をしていたわけではないだろう。
していた子もいるかもしれないがね。
夢はあっても、今を犠牲にしないのが、今を生きる在り方なのだよ。

なぜ、未来に夢も希望も持たないことが、ただの精神論になるのか。
何も叶えられないまま満足しろということになるのか。
そんなこと言うだけだったらそれだけ言っている。

エジソンだってなんだって、今すぐ叶えることに抗っていたということだ。
99回抗った彼が、ふと抗うことを緩めた時、1回のひらめきが彼の脳裏に降り立ったんだよ。

ふと夢や希望を抱いても、それを未来に設定しなければ、夢や希望にはならない。
それが、夢も希望も持たないということ。

タイトルとURLをコピーしました