自己観察さん

体感・気づき・方法論

【体感】「幸せのアウトラインをつくる」あなたが「幸せ」という設計図を描けば、あとは世界が勝手に整います。「現実がどうあれ私は幸せだ」と意図すれば、「見えてる現実に左右されない」っていう意思の表明です。

質問さん 仕事を始めたばかりの頃は、給料は「我慢や忍耐料」、あるいは「時間拘束料だな」と思ったけど、その認識も、自分で作った自分ルールで、絶対的なものではないんじゃないか、「仕事しなければお金は入らない」というルールも嘘なんじゃないか、と...
体感・気づき・方法論

【体感】「不安は実現しない」「不安になった」というのは、望む現実が実現してるのに、わざわざ否定しているだけのことなんです。不安は実現しないというのがわかれば、少しは安心できるんではないでしょうか。

質問さん 私には好きな人がいて、その人には相手がいます。昨日改めて、その事実を確認する出来事があって、それから悪い妄想しか浮かんでこなくなりました。 既にあるんだったら、今まで不安に思ってきた、嫌なことも既にあるんですよね。エゴに振...
体感・気づき・方法論

【体感】「無であり、全てがある」絶対的に「在る」うえで、「無」である。「在る」があるから、すべての可能性が存在できる。絶対的な「無い」というのは、存在できないのです。

質問さん 「私」は無くて、「本当の私は意識である」ということが真実なら、どうして、眠っている時には意識が無くなってしまうんでしょうか?この肉体と心が自分で無ければ、病気のことを気にする必要も無いし、食べていく心配もなくなるし、生きていく為...
体感・気づき・方法論

【体感】「気づいてるだけ」に留まる。」「エゴが○○って言ってくる」と気づいたら、もうそれだけなんです。だから、エゴが何を考えていようが、何を言っていようが関係なく、「気づいてるだけ」なんです。

質問さん 例えば、超デブな人がいたとして、その人を見て「デブだ」と思ったとして、「デブだ」って思った時に「今、デブって思った」と気づくことは、気づくほうも思考だから、それは「自己観察のフリ」ということでしょうか?「気づく」と言うのは、どの...
体感・気づき・方法論

【体感】「今に意識を向ける」意識としての自分を感じ続ける・という感じでいると、何もない、空っぽの中に、別の領域の感覚である、心地よさとか、優しい気持ち、穏やかな感覚を感じやすくなってきます。

質問さん 私は、「このままの自分でいいんだ」と認めて、「自分が今いるこの場所で、今この瞬間幸せに浸る」ということを実践しているのですが、悩みが大きく、不安で必死になってしまいます。そういうときは、自己観察だけを淡々としたほうがいいでしょう...
体感・気づき・方法論

【体感】「たった今どう在るか」嫌なことが起きても、それは現れて消え去るものでしかありません。それを起点にして、なにかを「叶えよう」とするのではなく、「たった今どう在るか」の在り方でしかないのです。

達人さん 「現象化」について、「こういう感じかな」と私が思ってることを説明します。 「私」という人間の」エネルギーに共振した出来事が引き寄せられてくる」とか、「私」という人間の観念などが、世界に投影されている」とか言われていますが、...
体感・気づき・方法論

【体感】「真実は人それぞれ」よく例え話に出るような、100億円とかは実現してません。すべてが叶う、すべてが自分という世界にいるので、お金に対してや、その他の価値観自体が薄くなっています。

達人さん 「全部私だったんだ」と気づいてから、見える景色が一変しました。それくらい、意識の在りかたが変わります。視点が今までと全然違っていて、「今まであったのに見えていなかったんだ」ということを実感しました。自分の中心、0ポイントにいるこ...
体感・気づき・方法論

【気づき】「ストーリーから目覚める」不安をどうにかしようとして、何かを読んで理解しようとすることは、「今」から逃げようとする行為です。理解しようとすることを諦めることです。【自己観察さん】

達人さん 「思考に気づく」ことの目的は、思考が勝手に作り出したストーリーから目覚めて、本当は何が起こっているかを見るということです。ですが、ストーリーから目覚めるのではなくて、新しいストーリーに夢中になってる人が多いように思い...
体感・気づき・方法論

【気づき】「自分以外存在しない」「ない」から「欲しい」とか、「叶える」とか、「手に入れる」とかをやっているのは、全部幻想、錯覚です。【自己観察さん】

質問さん 自己観察は、気づいている意識にきづくことですが、そのことと、事象を選択する位置にいること、願望を叶えることは、どう繋がるのでしょうか? 達人さん 「根源である意識」に目覚めること、「気づいている意識」に気づく...
体感・気づき・方法論

【気づき】「実際には何も起きていない」 思考が、ありのままの現実を覆っている虚構の作り話だと気づくことが出来ると、思考に対してリアリティがなくなります【自己観察さん】

質問さん 自己観察さんは「気付いている意識に気付く」と書かれていますが、私はそれが全然わかりません。私は自己観察をもう三年位やっていますが特にこれっといった変化はありません。「今○○だと思っている」と淡々と気付いているのですが...
達人part

【方法論】【自己観察さんpart9】「既にあるを理解しようとするのではなく、既にあることを感じてみる、採用してみる。」私の認識では、別の領域を信頼するしかないということになっています。

質問さん 既にあるについて教えて下さい。 達人さん 既にあるは、許可できてる度合いによって見えてくるものです。 この許可と言うのも、別の領域が信頼できれば、自然に許可できるようになります。 理解しようと...
達人part

【方法論】【自己観察さんpart8】「今この瞬間、在りたい自分であること、それだけです。」不安を感じても、その思考は自分ではないという自分でいられれば、自然と不安は消えていって、愛を選択できます。

達人さん 100億円を手に入れることについて。 普通の人が一生何の制限もなく好きなことをやれて幸せに暮らせる、それだけのものを物に置き換えたら100億円の例えになったってことなのかと思うけど、物というか、外側なんか...
達人part

【方法論】【自己観察さんpart7】「今の瞬間の自分に気づいていることは、今この瞬間(別の領域)に在るってことです。」エゴが静まらなくても一体化せずに眺めてるほうの自分に意識をおいていれば十分です。

質問さん 1年くらい前にストーカーに嫌がらせを受けてまだ気持ち悪さや怒りが抜けない、自己観察をしてもしこりが残ります 達人さん 私も昔セクハラを受けたことがあって、そのときは人生最大の屈辱というか、本当に相...
達人part

【方法論】【自己観察さんpart6】「本当の自分とは、海であると同時に波である自分ということです。」全体と完全に調和した形で、波としての人生を楽しむことができるようになります。

質問さん ある特定の人の事を思い浮かべると、その人から久しぶりにメールがくるという俗にいうシンクロについて、どう思われますか 達人さん シンクロに意味を持たせたい(関連付けたい)のはエゴなので、逆に理解を妨...
達人part

【方法論】【自己観察さんpart5】「不足を苦しいと思うのは、本当は自分が不足と相容れない存在だからです。」苦しい体験をしたからこそ人に優しくできたり、愛や感謝することを知っていき、人は成熟していく。

達人さん 7章への憧れはそれ自体が蓋になりやすいと思います。 これをすれば7章の認識になれるみたいな型にはまろうとしてしまうから。 人の体験よりも、マニュアルよりも、今自分が何を感じてるかに気づくことだと思う。 ま...
タイトルとURLをコピーしました