核心さん

体感・気づき・方法論

【考察】「不安や恐れを受け入れる」潜在意識の「悟り」とは、自分が創造主だと理解した後に、困難や不安や恐れも「この世で色んな感情を味わうために必要なスパイスなんだ」と、自ら受け入れていくことです。

達人さん 「他人はいない」ということについて、考察してみます。「現実は幻想」、または、「自分が創造主である」という考えを採用すれば、「じゃあ他人って何だろう、自分の創造物なのか」という気持ちになるのは当然で...
体感・気づき・方法論

【考察】「観念を外すことは自由になること」観念を外すことは自由になることであり、その自由に行動することが、自分を好きになることになり、その結果、「本当の自分に出会えた」ということになるのです。

達人さん 「クレンジングメソッドと、「なる」などの「先取りメソッドの共通点について、考察してみます。願望実現ではない、違う視点から、メソッド、潜在意識の活用の意義について、考えてみたいと思います。「本当の自...
体感・気づき・方法論

【考察】「次の瞬間は、自分が決定している」「次の瞬間を自分が決める、上手くいく過程だったと決める、そうすると、本当にそうなりますよ」という話なのです。

達人さん 「叶いやすい願望」と、「叶いにくい願望」について、考察してみます。 潜在意識が全てをつかさどっていたとしても、どうしても超えにくい壁、超えられない壁」というものがあります。それは、「抽象的ではな...
体感・気づき・方法論

【考察】「どの選択をしようが、うまくいく」「自信満々な自分」が観察した世界は、それを証明するように、物質が変化する、つまり、「自信に満ちた自分に相応な現実を引き寄せられる」ということです。

達人さん 「現実と幻想」について、考察してみます。先に結論を言いますが、死後の世界があるのかどうかを誰も実証できないように、現実が幻想か否かはわかりません。メソッドは「現実は幻想」であるということを、本...
体感・気づき・方法論

【考察】「感情を感じきる」感情を感じきることに抵抗があると、「この悲しい気持ちを解放します」というのが、「悲しい気持ちなんて、とっととうせろ」というものに、心の中ですり替わってしまうのです。

達人さん 「瞑想」について考察をしてみます。メソッドのやり方を教えている人たちは、必ずといっていいほど、「瞑想」を勧めています。 ですが、瞑想をしても何も変わらなかったり、上手く瞑想できているのか不安...
体感・気づき・方法論

【考察】「目の前のことに集中する」不安に対してクリーニングをして、意図をしたら、他のことに集中します。強固な不安は分割して、意識をそらせば、そのそらした時間というのは、理想の自分になっているんです。

達人さん それでは、「既にある」の「意図」について、考察したいと思います。結論から申しますと、クレンジングメソッドというのは、実は「意図すること」と一緒です。 「当たり前のこと、「絶対に約束されていること...
体感・気づき・方法論

【考察】「今この瞬間を愛に変える」自愛は、罪悪感を感じたり、自分への怒りの状態になっている、まさに今この瞬間を、「愛」に変えてしまいます。自愛が強力なメソッドだということは確かです。

達人さん クレンジングの「ブロック」については、「ブロックを頑張って外さないと、モチベーションは上がらない」という意見があります。 「クレンジングさえすれば、現実が好転する」ということを思えるのであれ...
体感・気づき・方法論

【考察】「幸せが先であり、現象が後である」今自分で決め付けている幸せの条件には、予想の限界があります。「現象の結果、幸せになる」という、その順序を覆すことを、メソッドで目指しているように思えます。

達人さん 潜在意識のメソッドの共通点をみることで、核心に迫りたいと思います。 セドナメソッド、オポノポノ、自愛、アファメーション、自己観察、「なる」など、たくさんのメソッドがありますが、言っている事が全部繋がるように思えます...
体感・気づき・方法論

【考察】「現実は幻想である」現実は、ただ自分の信念が映し出されているだけであり、いわゆる「現実は心の映写機である」というものです。この「現実は幻想」という概念は、実は全てのメソッドに必要な概念です。

達人さん 「幸せに生きている人みんなが、クレンジングメソッドを使っているのか」といえば、そうではない人もいる」というのが事実です。 ではまず」、「自己観察」、「瞑想」について考えてみます。クレンジ...
タイトルとURLをコピーしました