【考察】「目の前のことに集中」現実が改善されることがわかっていたら、目の前のことをする以外に、することはありませんよね。一回メソッドをしたら、その後は目の前のことに集中することになります。

体感・気づき・方法論
【考察】「目の前のことに集中」現実が改善されることがわかっていたら、目の前のことをする以外に、することはありませんよね。一回メソッドをしたら、その後は目の前のことに集中することになります。
達人さん
達人さん

次に、「既にある」の「意図」について、考察したいと思います。
結論から申しますと、クレンジング系メソッドは、実は「意図すること」と一緒です。

「当たり前のこと、「絶対に約束されていることを疑う」というのはどんな感じなのか、具体例をあげてみます。

例えば、「今日は太陽が沈むかなぁ」と、いちいち空を見て確認することと同じなんです。

もっと実感が湧く例をあげれば、「明日7時に会おうね」と遊ぶ約束をした友人に、「明日本当に来るの」と何度も電話で確認していることと一緒です。
このときに、確認している側の心は、「どうせこないんでしょ」という気持ちで満たされているのは明らかですよね。

オポノポノによくある落とし穴に、「現実が変わるまでクリーニングする」というものが挙げられます。

嫌な現実があって、「この現実を映し出している記憶を消去します・愛しています」とオポノポノして、現実を確認して、現実が変わらないってことは消去が足らないのね」と、またオポノポノをしてしまうループになってしまいます。

オポノポノは「記憶を消去することを意図している」わけなので、「記憶を消去する」と意図した後にするべきことは、「既にある」と同じく、現実の確認をせずに、他のことに取り組むことになります。
この後に、記憶が消去されて、現実が改善されることがわかっていたら、目の前のことをする以外に、することはありませんよね。

この視点から見ると、「なる」にも、オポノポノと同じ落とし穴があります。
自分に不満があって、「理想の自分になる」をして、現実で確認して、現実が変わっていないので、現実が変わるまで「理想の自分になる」をするというループになってしまいます。

理想の自分になったのだから、もうなってますよね。
わざわざ「理想の自分」を振舞おうとするのは、「不満な自分」がすることです。
「今この瞬間、理想の自分は何をしてますか」という質問をすれば、理想の自分はおそらく目の前のことに集中しているだけです。
テレビを見ていたり、洋服を買ったりして、決して「なる」を実戦しようとは意気込んでいません。

結局、「なる」は「既にある」、「オポノポノ」、「意図すること」と同じであり、一回メソッドをしたら、その後は目の前のことに集中することになります。

次に、強固な願望への取り組みについて、メソッドの有効性を考察します。

前々から叶えたかったものが叶ったときの人の反応が、、「気づいたら叶ってたなぁ」といったような、あっけらかんとしたものが多いことに、不思議に思いませんか。
さきほど、「意図した後に、一回他のことに集中する」と言いましたが、病気が治った例をあげてみます。

あるところに、原因不明の腹痛に一週間以上悩まされている人がいました。
治らない苛立ちと、隠された大病ではないのか」という不安に襲われていました。

その不安に対してクリーニングをして、意図したら他のことに集中します。
しかし1分後、不安が湧きあがります。
もう一度不安に対してクリーニングをして、また3分後に不安が湧きあがります。
もう一度不安に対してクリーニングをして、また10分後に不安が湧きあがります。
クリーニングをして、30分後に湧き上がり、1時間後に湧き上がり、2時間後に湧き上がり、その間に友人からフットサルに誘われます。
「自分は腹痛持ちなんだよなぁ」と頭の片隅にはあるが、今は元気なので、ついフットサルをしてしまいます。
フットサルをした後に、「あれ、腹痛どこいったのかな、まぁいっか」となります。

以上、これは非常に簡潔な例ですが、強固な不安は分割して、意識をそらせば、そのそらした時間は「理想になっている」んです。

「なる」を具体的に病気に応用するなら、「私は元気になる」をします。
すごく微妙なところですが、病気の例は「現実を疑うこと」、「変化が現れるまでメソッドをすること」とは少し違うのがわかりますか。
波動という言葉を使うならば、症状に気をとられていないのですから、理想の自分と波動は「完全に一致」しています。

すると、その後理想の自分にあった現実が少しずつ引き寄せられていきます。
病気の例であれば、気にしていない時間の量がまず与えられて、フットサルに誘われて、行きたくなって、というような感じです。
意識していない時間というのは、実は立派な現象化です。
さらに、フットサルに行きたくなるといった欲も、立派な現象化です。

例えば、理想の容姿に「なった」ならば、なった分だけ、意識しなかった分だけ、「最近爽やかだね」と言われて、「爽やかかなぁ」と少し思えてきます。
すると、髪を切るのが面倒だったはずなのに、自然と髪を切りにいきたくなり、そうするとさらに」、「爽やかになったね」と言われることが多くなります。

最初は微々たる変化かもしれませんが、意図さえ取り下げずにいれば、理想の現実がどんどん集まってくるはずです。
叶った自分が100%ならば、一歩手前は90%です。
「叶った・叶ってない」というものではなく、グラデーションのようになっていくので、100%のときは「あぁ叶ってたのね」という反応になるのは当然です。

あと、「一瞬にして大金を得たぞー」といったような歓喜の反応を見かけたりしますが、波動的にいえば、大金を得て喜ぶというのは、欠乏意識があるから喜ぶわけで、その後に、また同じような欠乏を味わうケースが多いです。

潜在意識メソッドの共通点を見ることで核心に迫るスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1394723910/
43 名前:1 投稿日:2014/03/15(土) 19:37:05 ID:9UslYXJY0

タイトルとURLをコピーしました