【気づき】「自分以外存在しない」「ない」から「欲しい」とか、「叶える」とか、「手に入れる」とかをやっているのは、全部幻想、錯覚です。【自己観察さん】

体感・気づき・方法論
【気づき】「自分以外存在しない」「ない」から「欲しい」とか、「叶える」とか、「手に入れる」とかをやっているのは、全部幻想、錯覚です。【自己観察さん】
質問さん
質問さん

自己観察は、気づいている意識にきづくことですが、そのことと、事象を選択する位置にいること、願望を叶えることは、どう繋がるのでしょうか?

達人さん
達人さん

「根源である意識」に目覚めること、「気づいている意識」に気づくことは、簡単に言えば、自分が世界そのものであることに気づくことです。

「選択する」とか、「叶える」とかっていう以前に、起こること全てが自分であり、自分以外が存在しないので、完璧でないことがありえない。
人間視点からすると、「叶う」という表現になるでしょう。

「ない」と思うから、欲しいと思ったり、叶えたり手に入れたりできる。
最初から全てがあれば、欲しがることも、叶えたり手に入れたりすることも出来ない。
自分以外存在しないなら、「ない」と認識できるものは存在しない。


ということは、「欲しい」と思うとき、自分と世界、その欲しい対象は分離してるってことです。
本来は、自分以外存在しないなら、分離するとかありえないので、それは幻想ってことです。
だから、「ない」から「欲しい」とか、「叶える」とか、「手に入れる」とかをやっているのは、全部幻想、錯覚ですよって話です。

思考っていうのは、「私が○○をする」という文章を見ればわかるけど、「私」と「対象」が存在するよね。
つまり、分離がデフォルトになっています。
「私」も「○○」も全部自分なのに、「する」とかできないんです。
できないものを「する」とか言ってる虚構であり、錯覚です。

自分が世界そのものなんだから、欲しがっていれば、「ない世界」で欲しがることになるし、貧乏だと思っていれば貧乏な生活を、満たされてれば満たされた生活を送るでしょう。
「理解したい」とすれば、「理解したいと思うような難題」が次々でてきます。
なんとかしようと思えば思うほど、なんとかしなくちゃいけない世界になります。
思考では、望めば望むほど遠ざかるんですよ。

欲しがらなきゃいいんですよ、欲しがるから「ない」を見てるだけです。
だから、思考に気づきましょうっていってるんですよ。
その思考が、どういう認識から生まれた思考なのか、気づくことです。

「お金が欲しい」という思考に気づいたら、「お金がない」と認識してるから、「欲しい」という思考が出てきたんです。
その認識どおりに世界は展開してるでしょう?
世界、つまり自分は、「叶える力」というか、「仕組み」そのものですよ。

既にあるとか、全部自分どころの話じゃないんです。
そこに気づけば、今までのように当たり前に欲しがることが出来なくなります。

このことに、自分で気づけないと、「裕福だと思いたいけど思えません」とかになってしまいます。
このことは、信じるとか、そういうふうに思いたいとか、そんな話じゃないんです。
思考は認識から生じます。認識は、自分で気づけないと変わりません。
思考であれこれ考えたって、認識は変わりませんよ。

今までのように「ないから欲しい」という思考を、そのまま信じ続けるのか、それとも、その「欲しい」という思考が、「ない世界」を展開させてることに気づくこと、そういう見方をしてみようとすること、ですね。
自分の思考、認識に気づいてください。

自己観察スレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1359912334/
886 :幸せな名無しさん:2014/01/11(土) 23:30:18 ID:24eG7nPc0

タイトルとURLをコピーしました