【考察】「感情を感じきる」感情を感じきることに抵抗があると、どうしても「この悲しい気持ちを解放します」というのが、心の中では「この悲しい気持ちとっととうせろ」というものにすり替わってしまうのです。

体感・気づき・方法論
【考察】「感情を感じきる」感情を感じきることに抵抗があると、どうしても「この悲しい気持ちを解放します」というのが、心の中では「この悲しい気持ちとっととうせろ」というものにすり替わってしまうのです。
達人さん
達人さん

「瞑想」について考察します。

必ずといって良いほど、指南をしている人たちは「瞑想」を勧めています。

しかし、瞑想しても何も変わらなかったり、上手く瞑想できているのか不安だったりして、瞑想が続かない人は多いと思います。
瞑想の目的は、「真の自分と会うこと」、「真の平和を知ること」、「何も起きていないことを知ること」など、様々な人がおっしゃっていますが、「真の自分ってどこなの」、「平和なんて感じられなかった」、「やっぱり悲惨なことが起きてる」となってしまう人が多いと思われます。

瞑想の目的を左脳的に言い変えるならば、「思考が不足を生み出していただけだということを、身体を通して知る」ということになります。
瞑想の威力を知るときは、すごくネガティブな感情が襲ったときにあります。
そのときに、瞑想が本来どおり出来ていたならば、心臓に注目すると、答えを得られます。

ちなみに、肉体はいつも身近にありますが、これこそ潜在意識の広報部です。
自分では気づかなくても、ストレスがたまっていたら、身体は教えてくれますし、「緊張していない」と頭で考えていても、実際の手は湿っていたりします。
心臓は、ネガティブエネルギーが満載のときは、バクバクしてますよね。
しかし、瞑想をして思考を止めると、次第に治まってきます。
ネガティブなはずなのに、平穏な自分の時の状態と、身体、潜在意識の状態は、完全に一致です。
このことが、「実際には何も起きていない」と言われている、何よりの証拠です。

瞑想と言うと、アロマをたいて神秘的な音楽を聴いて、あぐらをかいて静かな部屋で、といった映像をイメージされる方が多いかと思いますが、瞑想の機会は日常生活にごろごろ転がっています。
色々とセッティングして、瞑想に時間もたっぷりかけた後で、収穫が得られた感じがしなかった場合、時間を浪費した罪悪感に襲われ易いです。
瞑想のコツとして、「階段を一歩一歩降りるように」とか、「呼吸に集中」とか、「数を数える」などありますが、つまり段階を追っていくことを目的としています。

「行動する瞑想」として挙げられやすいものに「写経」がありますが、ただ文字を書くだけですと、いつの間にか頭の中は過去か未来にいきがちです。
文字を書くこと、それも目の前の一字を書くこと、もっと言うと、一画を書いている最中を、目で追っていく勢いで書くことです。
考えてみれば、洗濯中も、一枚一枚を洗濯ばさみに挟まれるまで、段階を追っていくことや、食器の泡が流れていくのを見届けることも、瞑想にとても近いスタンスになります。

瞑想は、メソッドをする前の準備運動向きかなと思います。
もちろん、思考を止めた時間だけ、現実は見えないところでちゃくちゃくと動いています。

次に、「感情に蓋をすること」について考察します。

罪悪感など、不快な症状が出たら、感じつくす」といわれたりしますが、感情と観念の違いを考えながら、「蓋をする」とはどういうことか、注意深く探っていきます。
はっきり言いますと、論理的に考えれば、感情と観念は違うものです。
すごく似ているので、感情と観念は一緒だという前提で取り扱っているメソッドもあります。

セドナだけだといまいちだった人が、オポノポノも使って「問題をまるごとオポノポノでクリーニングしました」と書いてあることがあります。

本来のセドナで有効性を発揮できているなら、オポノポノはいりませんが、併用されている人は、「セドナを感情の処理」として、「オポノポノを記憶の処理」として分けています。

まず「記憶」についての解釈を説明します。
「記憶」は他の言葉に直すならば、ニュアンスは違いますが「観念」ということになります。
例えば、「上司」という単語を意識したとき、嫌な気分で胸がざわついた人は上司にいじめられた経験があったり、テレビや人の話で「上司とは嫌なものだ」という情報を得たりなどして、「上司・イコール・嫌なもの」という観念を、自然と内在化していたのです。

反対に、上司と恋に落ちた人は、上司と言う言葉を聞いて、「嫌だな」というのとは違う意味で、胸がざわついたと思いますが、その人は、「上司・イコール・素敵な人」みたいな観念があります。
たった一つの例ですが、観念はいくらでも生まれます。
男性の場合、父親との関係は上司の関係に影響するということが心理学でいわれていますが、「自分の上に立つもの」を身近に経験するのは父親ですから、「権威」というものに対して、父親との経験を感じさせてくれるような人を、自分で引き寄せているんです。

記憶をクリーニングするというのは、そのものにまつわる自分の観念、体験の記憶を消すということです。
セドナも観念の解放があるので、本当はそれだけでOKです。

セドナは」、即効性があると謳われているので、オポノポノよりも入っていきやすい人が多いかと思います。
両者とも同じ「クレンジング」という言葉ですが、即効性を感じられているのは、今その感情の解放を実感できているからです。
気分がすっと楽になった気持ちが即効性があると感じられている所以です。
このときは本来何も起こっていませんが、ネガティブエネルギーに支配されて、「ネガティブな私はいけないんだ」とか、「やばい、ネガティブを引き寄せてしまうぞ」といったように、現実を動かす観念が働き出してしまうのです。
ですが、エネルギーを感じること自体は、現実を動かす力はありません。
ネガティブに支配されても、そのあとに「でも私はうまくいっちゃうんだよね」というので、平和解決です。
なので、エネルギーは積極的に感じると消える性質だということがわかれば、あまりにひどい感情や、エネルギーが襲ってきた時は、感じたほうがいいという見解になります。

蓋という言葉は観念には使えません、エネルギーに使うのです。
不安に押しつぶされそうなときというのは、「最初にふとよぎった不安」、感情エネルギーを蓋してしまっているため、まるで冷蔵庫に入れたご飯が、どんどん腐っていき、悪臭を放つような状態と同じになっているのです。
感情が落ち着いてから、観念の解放や、イメージングや「なる」をすれば良いのです。
もちろん、オポノポノの記憶のクリーニングも、この段階でしたほうが有効ということになります。

ちなみに、その観念と感情の違いの複雑さによって、感情の手放しが感情の蓋になっていることが多いです。
感情を感じきることに抵抗があると、どうしても「この悲しい気持ちを解放します」というのが、心の中では「この悲しい気持ちとっととうせろ」というものにすり替わってしまうのです。
セドナをする事で感情に蓋をするという、皮肉なことが起きるのです。
セドナの指南書に、毎回のように「感情をしばらく感じてみてから」という言葉が入っているのは、このすり替わりを懸念していたのだと思っています。

潜在意識メソッドの共通点を見ることで核心に迫るスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1394723910/
79 名前:1 投稿日:2014/03/17(月) 10:45:49 ID:pgRuSjvM0

タイトルとURLをコピーしました