【考察】「受け入れる」潜在意識の「悟り」とは自分が創造主だと理解した後、困難や不安や恐れも「この世で色んな感情を味わうために必要なスパイスなんだ」と、自ら受け入れていくことです。

体感・気づき・方法論
【考察】「受け入れる」潜在意識の「悟り」とは自分が創造主だと理解した後、困難や不安や恐れも「この世で色んな感情を味わうために必要なスパイスなんだ」と、自ら受け入れていくことです。
達人さん
達人さん

「他人はいない」ということについて考察します。
「現実は幻想」、または、「自分が創造主だ」という考えを採用すれば、「じゃあ他人って何だろう、自分の創造物なのか」という気持ちになるのは当然ですし、そうでなければ辻褄が合いません。
「現実は幻想」というのと同様に、本当かどうかはわかりませんが、「メソッドしたら相手が別人のように変わった」などの現象が多数あるため、採用する価値はあると思います。

なぜ、自分が変わったら相手も変わるようなことが起きるのか。
何度も言いますが、潜在意識は信じたものを見るように現象化を創造しますので、「他人がいない」と本気で信じたならば、「他人も自分で創り出してるな」・と思うような現象ばかり起きます。
シンクロニシティーなんかが続くと、「他人はいない」と思うのではないでしょうか。

例えば、お寿司が食べたいなと思っていたら、身近な人が「お寿司をたべたい」と言い出したり、会社を辞めた途端に、知り合いから会社を起こそうなんて言われたりする、そんな引き寄せが続けば、自分の都合次第で相手が動いているように思えてきます。
そして、自分が相手を創造していることを確信していきます。
なので、そんな人にとっては「他人はいない」というのは、紛れも無い事実となっていきます。

一方で、「世の中はワンネスだな」、「他人とは意識下で繋がっているな」というのと同様に、「やっぱり他人はいるな」というのも、そう意図すれば、そう感じざるを得ない現象に出くわします。
「信じたものをみる」、この一言につきます。
どちらかと言うと「他人がいない」といっている人は「他人がいないと仮定したらどれだけ楽か」というニュアンスを含んでいると思います。
「他人がいない」というのを採用するメリットは、他人の批判は自分が創り出したことになるので、全てが自分へ投げかけたい言葉となり冷静に受け止められます。
「批判される」という概念が無くなるので、人に対するおそれが、全般的に薄れます。

例えば、「大切な人を失う」という概念についても、他人はいないなら、他人は自分の創造物なので、「自分が次の幸福のために、その人と離れさせた」・というように考えることができます。
「相手に傷つくことを言ってしまった」としても、他人はいないので、「これは結果的にいい展開の伏線になる」と決めてしまえば、そうなります。
もしも、「他人はいる」というのが前面に出ていたら、「相手の気持ちはどうなるの」とか考えてしまい、「うまくいく」という意図を取り下げてしまうことになります。

本当は「現実は幻想」という概念の中に、「他人はいない」ということも包括されているのですが、「他人がいない」ということを採用してからでないと「現実は幻想」と思いにくい場合もあるかもしれないですね。

最後に、「両極性の法則」について考察します。

「幸せ」の定義は万人共通のように思えますが、ごく一般的に考えられている「悟りの境地」では全く違う意味を表します。
思考をカラッポにしている状態が「永遠の平和」と呼べる究極の幸せだとしているのです。
それはつまり、瞑想状態の時です。
以前にも言いましたが、五感にただ集中している状態も瞑想です。
いわゆる「悟り」ということを成し遂げた人にとって、一般の人が感じている「あぁ幸せだ!」というのは、単なる「刺激」でしかありません。
そういった幸せは過去と未来という時間、他人や自分というものがある前提の思考でこそ成り立ちます。

例えば、給料が上がって「嬉しい、幸せ!」というのも、過去に少ない給料を貰っていた事実があるからこそ感じられるものですし、恋人から褒められて喜ぶのも、私以外の他人がいると思っているからですし、何かを成し遂げて味わう達成感も、それが困難なものほど強力に感じられるものです。

このように、時間軸があり、他人がいて、マイナスのものがあってこそ、「幸せ!」というのは生まれるのです。

クレンジング系メソッドが、なぜ「ポジティブな感情」も解放しなさいというのかといえば、ポジティブとネガティブは二つで一つだからなのです。
私たちはいいことと思えることが起きると、その感情に対して「執着」を生み出し、また味わおうとします。
しかし、ポジティブな感情を味わうためにはネガティブが必要なので、ポジティブを味わう現実を創造することとは、ネガティブな感情を味わう現実を創造することとイコールになってしまうのです。

例えば、遠距離恋愛中のカップルが一ヶ月に一度デートします。
その時は「毎日一緒に暮らしたい」と思っているでしょう。
そして念願の同棲となり、毎日一緒に暮らせることになりました。
最初は幸せですが、その幸せというのは「刺激」なので、同じ日々が続けば段々と薄れていきます。

しかし、遠距離恋愛中に、一ヶ月ぶりにデートした気分の高揚感や、ラブラブな状態に執着していて、「あのときの感情を味わいたい」という思いが強かったら、潜在意識は、そのシチュエーションをちゃんと用意してくれます。
そのときの感情を再び感じる方法は簡単で、遠距離中と同じくらいに不安や枯渇状態になればいいのです。
「恋人が自分の元から離れていってしまうんじゃないのか、本当に自分のことが好きなのか、誰かに奪われたりしないのか」など、そんな不安を持つことで、恋愛というのは燃え上がります。
それによって、潜在意識は恋人を、何考えているかわからないミステリアスな人に変身させたり、他の誰かを好きなのではないかと思わせるようにしてきたり、あの手この手で不安作りをします。

もしくは、恋人以外に、またドキドキさせてくれるような人を出現させたりします
結局、新しい人と付き合ったとしても、また同じことを繰り返すことになるでしょう。
相手のことがわからない、別の恋人の影が見える、他の人が好きになってきちゃった」というのも、執着を満たそうとしている結果です。

この例を、全てのものに応用して考えると、願望が叶っていて、その途中経過でマイナスなことに振り回されて意図を取り下げていることが、いかに多いかわかると思います。

両極性の法則の観点からすれば、不安も恐れも、困難も全くない、究極の平和や幸せを求めているのだとしたら、それは延々と、時間も他人も無く、瞑想をしなくてはなりません。
結局オポノポノも、毎瞬毎瞬クリーニングをすると言っています。

しかし、そんなことを、この世にわざわざ生まれてきたのに、したいと本当に思っているでしょうか。

もちろん、認識の変更によって恐怖や不安を和らげることは出来ますが、一切ネガティブを感じないようにするのは、幸せや刺激も感じないようにしていることと一緒です。

潜在意識の「悟り」とは、自分が創造主だと理解した後、困難や不安や恐れも「この世で色んな感情を味わうために必要なスパイスなんだ」と、自ら受け入れていくことです。
願望を達成しても、幸せな感情を感じ続けたければ、また新しい問題を作り出すでしょう。
執着しなかったらしなかったで、特に「幸せ!」という気持ちではなく、息を吸うことと同じようなレベルで、それが当たり前になっていきます。
そんな平坦な生活がずっと続きます。

潜在意識メソッドの共通点を見ることで核心に迫るスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1394723910/
191 名前:1 投稿日:2014/04/04(金) 22:56:28 ID:7wex0EYQ0

タイトルとURLをコピーしました