【体感】「何でも想像出来るから、何でもある」何も手を入れる必要のない完璧な世界を基準にしていると、外の目に映る世界も勝手に整います。貴方の中にすべて在るので、思い付くことは全部正解です。

体感・気づき・方法論
【体感】「何でも想像出来るから、何でもある」何も手を入れる必要のない完璧な世界を基準にしていると、外の目に映る世界も勝手に整います。貴方の中にすべて在るので、思い付くことは全部正解です。
質問さん
質問さん

認識の変更っていうのは、極端な話、「白いものを黒です」って言うようなもんですか?

達人さん
達人さん

貴方の目の前に白の碁石があるとします。
貴方は、「黒色だ」と心の中でつぶやきます。
貴方の内側、つまり、脳内とか、頭の中とか、心の中とか、想像とか空想とか妄想とかに、黒色が思い浮かびます。
貴方の内側が真実だから、黒色です。

貴方の頭の中が本当の現実です。
今までは、貴方の外側の目に見える世界が現実だと信じていたのに、自分の内側の目には見えないけれど、想像力で知覚出来る世界が、本当の現実だと気付いて、腑に落ちる事が、認識の変更だと思ってます。
何でも想像出来るから、何でもあるでしょ?
全部ある、あるからフォーカス出来る。
想像すると、イメージが浮かぶから、現れる。
願望・即・実現だよね。
思考を超えたところの話だから、言葉にするとニュアンスの違いは免れないかもしれないけどね。

質問さん
質問さん

それは、完全に想像の中で生きるみたいなことですか?
それが出来たらすごく幸せな気はしますが、今目の前の景色のことはどう思っていますか?

達人さん
達人さん

言葉で表現すると、どうしても正確に伝わらないから、ニュアンスとか雰囲気で感じ取って下さい。

例えば、貴方が鏡の前で髪をセットしていて、貴方の理想とするイメージ通りの髪型に、完璧にキマったとします。
髪に対して何かしますか、いや、もうやることはないですよね、それと一緒です。

「想像側を生きている」という言い方も出来るけど、認識が変わってない人に分かり易く言えば、「目に映らない側を基準にしている」ということです。
不足もなく、完璧なので、何もせずに、気付くと言うか、眺めると言うか、在ると言うか、風がふけば風を感じ、陽の光を浴びれば暖かさを感じる」ということです。
「Doing」ではなく「Being」ということです。

この例でいえば、「目に映る側を基準にする人」は、髪型以外で鼻の高さが低いだとか、風がふけば雨が降りそうだとか、陽の光を浴びれば紫外線でシミがあるとか、思考や感情の反応に飲み込まれます。
まぁ、そっちのほうが、刺激的ですしね。

潜在意識は、貴方の中で当然と確信してる事が外側に投影されるので、「なにも手を入れる必要のない完璧な世界を基準にしていると、外の目に映る世界も勝手に整います。

「これだと刺激がない」って信じてしまっている人は、その通りの世界が、外側に展開されますけどね。

でも、貴方の中にすべて在るので、思い付くことは全部正解です。
あとは好きな方を選べばいいし、選ばなくてもいいんです。

認識の変更のみを目指すスレ7
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1596425447/
82 投稿日:2020/09/08(火) 12:43:16 ID:7weY5lwo0

タイトルとURLをコピーしました