【方法論】「理想の在り方のハードルを下げる」理想の在り方をあなたに合わせて、今叶っていること、愛されていることを感じることが大切です。そうすれば、愛されてるあなたになり、叶っているあなたになります。

体感・気づき・方法論
【方法論】「理想の在り方のハードルを下げる」理想の在り方をあなたに合わせて、今叶っていること、愛されていることを感じることが大切です。そうすれば、愛されてるあなたになり、叶っているあなたになります
質問さん
質問さん

恋愛関係でどうしてもどうしても変えたい状況があるのですが、この状況をどうしても変えたいと執着しているので、自分を今幸せにしてあげようとして、自愛しても、イメージしても、そのことが頭をよぎるたびに、せっかくいい感じになっていた内面が、すぐに台無しになってしまうのでどうしたらいいかと悩んでいます

達人さん
達人さん

あなたの理想の在り方のハードルを下げてください
あなたが求めているイメージングの出来栄えや、あなたが求めている日頃の精神状態のハードルを下げてください

恋愛関係が願望ということですが、イメージングや自愛のできばえや、現実は関係なくて、大切なのは、あなたが愛されてると感じることです
理想の在り方のハードルをあげすぎると、愛されていると感じられませんよね
日頃から、常に不足を感じることになってしまいます

理想の在り方を、今のあなたに合わせて、今叶っていること、愛されていることを感じてください
目標を高くしたからといって叶うわけではないし、ノルマをうまくこなしたからといって叶うわけではありません
理想の在り方をあなたに合わせて、今叶っていること、愛されていることを感じることが大切です
そうすることで、愛されてるあなたになり、叶っているあなたにもなります

不快な感情は、とことん感じてください
感情を感じ切れば弱まります
快がくれば不快が訪れて、不快が訪れば快が必ず訪れる、そのバイオリズムを自分に許してあげて、自由に感じることを許してあげてください

質問さん
質問さん

理想の在り方を下げるというのを、詳しく教えてください

達人さん
達人さん

理想の在り方を下げるというのは、理想の内容、理想としている感覚を、今のあなたに合わせるということです
無理やり、愛されてると感じなければいけない、なったと思い込まなくてはいけない、というニュアンスではなく、あくまでも理想を、あなたに寄せるという感じです
あなたが理想を追いかけて、あなたを変えるのではなく、理想側を現在のあなたに合わせて変えるという意味です
あなたが上げまくってしまっている理想の設定を、今のあなたに設定し直す感じです

願望を叶えるには、すでに持っているという感覚が大切ですよね
そうすると、叶った時のイメージをして、すでに持ってる感覚を得ようとしますよね。
これだと、非現実的なことや高い理想をイメージするので、現実とのギャップに悩んで、不足を感じて、できないという気持ちや、その不足を叶えてしまう悪循環に陥ることがあります

そうではなくて、既に持ってるものから、すでに持っているという感覚を得られれば、それだけでいいんです
あれがないとダメ、こうじゃないと叶わない、この現実じゃないと愛されていない、というハードルを設定しているのは自分です
そのハードルを、とにかく下げるんです。

そして、今持っているもので満足できるハードルを設定し直してください
今持ってるもので、叶っている感覚を得てください
そうすることで、満足できる現実や、叶ったと思える現実が引き寄せられます
ハードルを下げたとしても、あなたが満足できていれば、あなたが引き寄せる結果もその通りになります
あなたが今、どれだけ満たされているかが大切です

質問さん
質問さん

わたしなりにまとめてみました。
小さなことでも、愛されているなぁーというのを感じてたら、ますます愛されていると感じられる現実になってくる
小さなことでも、幸せだなぁーというのを感じていたら、ますます幸せだと感じられる現実になってくる
小さなことでも、痩せているなぁーというのを感じていたら、ますます痩せているなぁーと感じられる現実になってくる
シンプルなんですよね。

達人さん
達人さん

全くその通りです、すべて集約されてますね
仰る通り、本当にシンプルです
真面目な人や、探究心が強い人は、無意識に理想をあげてしまって、理想の下ろし方がわからなくなるんですよね
完璧にまとめて頂き、ありがとうございます

潜在意識を使いこなす達人が集うスレ43
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/study/9650/1523609921/l50
535 : 幸せな名無しさん :2018/06/10(日) 02:10:18 ILSAmATQ0

タイトルとURLをコピーしました