【考察】「観念を外すことは自由になること」自由に行動することが自分を好きになることになり、その結果「本当の自分」というものに出会えたということになるのです。

体感・気づき・方法論
【考察】「観念を外すことは自由になること」自由に行動することが自分を好きになることになり、その結果「本当の自分」というものに出会えたということになるのです。
達人さん
達人さん

「クレンジング系のメソッドと、「なる」などの先取り系メソッドの共通点」について、考察します。
願望実現ではない、違う視点から「メソッド、潜在意識の活用」の意義について、考えていきたいと思います。

「本当の自分を見つける」という言葉も耳にタコだと思いますが、言っている人によってはその意味が違ってきます。
「本当にやりたいことを見つける」とか、「好きなことしかしない」とか、「自分の性格を知る」とかです。
潜在意識でいうところの「本当の自分を見つける」ためにすることは、「観念外し」になると思います。
メソッドを使っても良いですし、「認識の変更」をすれば自ずと観念は外れていきます。

「認識の変更」とは、簡単に言えば、「自分が創造主であることを認めること」です。

「観念を外す」という言い方から、それが出来るのはクレンジング系のメソッドだけだと思っている人も多いかと思います。
『なる』をやっても観念を消さないと意味無いんじゃないか」・といったように「メソッドを掛け持ちしないといけないのではないか」・という発想に繋がる人もいると思います。

例えば「女性なら女性らしく振舞わなければいけない」という観念をもっている人がいるとします。
クレンジング系のメソッドは、そのままその観念を消せばいいのですが、「自然体でもOKな自分に『なる』」をすることでも、女性らしく振舞おうとせずに自分の好きなように振舞えば、逆に好感をもたれるなどの現象化が起きて、「なんだ、自分で思い込んでただけか」というように、自然と観念は消えていきます。
現時点で貯金が少なかったとしても、「お金持ち」の意図を捨てないことで、「今貯金が少ないんだからお金持ちになんてなれるわけ無い」・という観念から「そんなの関係ない」・という観念に自然と上書きされます。

クレンジング系のメソッドも、先取り系のメソッドも、やり方は違えども、目的は「観念を外す」の一本道です。正確に言えば、「観念の塗り替え」ということになります。

自愛は、どんどん自分を許していくので、「悪いはずだ」と思っていることの観念外しに有効だと思います。
セドナメソッドでは「罪悪感」をもつことは、「悪いことをしたから今後来るであろう罰から、身を守るために・抱く感情」であるといっています。
つまり、罪悪感自体はエネルギーなので、未来には関係がないですが、その根底には「悪いことをしたらその制裁を受ける」という根強い観念を大抵の人が持っているようです。
「バチが当たる」というのは、自分で勝手に引き起こしています。
そして、その現象化を元にして、今後も同じことを繰り返さないように、どんどん自分を裁いてしまうのです。

「何々をしなければならない」とか、「何々であるべきだ」など、自分を裁く項目が多くなれば、その分だけ自分にも負荷が大きくなり、自分が勝手に作り上げた望ましい行為からはみ出すことが多くなります。
そして、はみ出す度に自分を責め、自分自身のことが好きではなくなるのです。
この真逆の行為が自愛になります。
自愛は、何をやっても、案外大丈夫なものだ」・ということを、現象化を通して教えてくれます。

すると、自分を責めることがないので、自然と自分を好きになるのです。
自分のやりたいことを素直に出来ることも、自分を好きになるための大きな要因なので、自分に禁止事項ばかりを負荷していくと、自分が自分ではないような、なんとも嫌な感じがすると思います。
理想の振る舞いを取れないと、「自分は未完成だから、別の誰かになりたい」・となってしまうのです。

「観念を外す」というのは、自由になることであり、その自由に行動することが自分を好きになることになり、その結果「本当の自分」というものに出会えたということになるのです。
本当の自分ではない状態とは、観念にまみれて、その観念から見て、正しいか正しくないかで生きて行く、非常に窮屈な状態ということになります。

潜在意識は、「信じたものを見るように現実を創造する」ので、感情を処理したら、それに関連する観念も、消せると思ったら消えます。
それは、感情を消しつつ、同時に観念を消すことを意図しています。
セドナでは、「感情の解放をすることによって人生が好転する、観念も消える」という意図を、意識下で促しているのです。
なので、「感情を解放したら悪いことが起きる」と思ったら、きっと起きると思います。

しかし、反対に言えば、「何もしなくても今恐れている事は起きない」と意図すれば、恐れることは起きないというわけです。
感情を解放する本当の利点は、「嫌な感情は感じ切れば消えるんだ」・という実体験を味わえることによって、嫌な感情が湧き上がることに対してのおそれが格段に減り、以前より自由に振舞えるというところにあると思います。

なぜなら、観念を消さなくても、感情の解放だけで満足感が得られるからです。
ただし、クレンジングは「自分を浄化する」というストーリーがあるので、「自分の心の中にあるものを解放していこう」という思いが、「自分のなかにブロックや、解放してない感情があるぞ」ということになってしまい、メソッドに意気込むと、解放しても解放しても、「自分の中に何かがある」というのを、無意識に意図してしまうので、「解放するために生きていく人生」になってしまうのです。

潜在意識メソッドの共通点を見ることで核心に迫るスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1394723910/
146 名前:1 投稿日:2014/03/29(土) 00:44:11 ID:5FnNR1Oo0

タイトルとURLをコピーしました