【体感】「自分の制限に気づく」自分に制限を作っていたことに気付けば「世界のほうからあらゆるものが流れ込む」というような感じです。意図は勝手に出てるので「意図するまでもない」というのが実感です。

体感・気づき・方法論
【体感】「自分の制限に気づく」自分に制限を作っていたことに気付けば「世界のほうからあらゆるものが流れ込む」というような感じです。意図は勝手に出てるので「意図するまでもない」というのが実感です。
達人さん
達人さん

外側の現象はコントロール不可能だと思うし、ここに議論の余地はないと思う。
でも、外側とは関係なく、「自分は常にどう在りたいか」というのはコントロール可能だ。
そうなると、不思議なことに、なぜか現象の方が「あれ、叶ってる」みたいになる。
「どう在るか」というのは、金持ちになりたいから、内側では「○○万円もってる自分になる」とか、そういうレベルの話ではないと思う。
現象をみて、他者との比較や、過去からの記憶を持ち出して、「自分は貧乏」という在り方を選択している
これを理解すれば、「貧乏な自分」というのが、嫌でも消滅する
だから「金持ちになりたい」という願望も消滅するし、こうなると、内側で「金持ちだ」と設定するまでもなく、「世界のほうから豊かさが流れてくる」という感じです。

質問さん
質問さん

「自分がどういう選択をしているか」というのを理解すると、「貧乏な自分」が消滅するのですか?

達人さん
達人さん

消滅しました。
選択といえば選択ですが、たいていの人は「選択をしてる」という感覚はないんじゃないでしょうか。
「選択して貧乏であるなら、選択しなおせばいい」みたいに、簡単なことだと思うんですが、自分の場合は、自分が貧乏だと信じていて、疑ってませんでした。
だから、今までが貧乏だったから「じゃあ今から金持ちね」みたいな感じには思えませんでした。

でも、「同じ経済状況で、違う人だったら、はたして自分を貧乏と思うのか、比較対象がなければ、この状況を判断することは不可能なんじゃないか」などと考えて、自分を解体してみるのが、色々と気づくきっかけでした。

質問さん
質問さん

自分が「貧乏である」と判断していて、それをやめることで、自分を貧乏とみなすことから解放された」という感じでしょうか。

達人さん
達人さん

その通りですね。
自分で自分に制限を作っていたことに気付くことができれば、「世界のほうからあらゆるものが流れ込む」というような感じですね。
制限を創ってることに気付けば、自分が固定されていないということを通して、「世界・イコール・自分」みたいなものが理解できました。
「意図すれば」というより、意図は勝手に出てるので、「意図するまでもない」というのが実感です。
この気づきを体感するまでは、「ちゃんと意図できてるかな」、「意図と思考はなにが違うのか」などと思っていました。

意図を撤回しなければ現象化必ずする
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1476438403/
395 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2016/10/25(火) 19:49:26 ID:WCBD1yRk0

タイトルとURLをコピーしました