【考察】「どの選択をしようが、うまくいく」「自信満々な自分」が観察した世界は、それを証明するように物質が変化する、つまり、自信に満ちた自分に相応な現実を引き寄せられるということです。

体感・気づき・方法論
【考察】「どの選択をしようが、うまくいく」「自信満々な自分」が観察した世界は、それを証明するように物質が変化する、つまり、自信に満ちた自分に相応な現実を引き寄せられるということです。
達人さん
達人さん

「現実と幻想」について考察します。
先に結論を言いますが、死後の世界があるのかどうかを誰も実証できないように、現実が幻想か否かはわかりません。

メソッドは「現実は幻想」であると本気で思えたならば、本来の威力を完全に発揮するといっても過言ではありません。
逆に言えば、「現実は現実」と思ったならば、いくらメソッドをしようが、すぐに現実を確認し、現実の結果に左右されることによって、「お金持ちを意図したけど、やっぱり自分は貧乏なんだ」と、意図を取り下げてしまいます。
そのため、「現実は幻想」だと定義した方が有効なのです。

考察には限界がありますが、あくまで確認できないだけであって、現実は本当に幻想かもしれません。
むしろ、幻想であることの方が、(引き寄せられた体験談や、問題が改善された体験談と照し合わせれば、辻褄が合うことが多いということは事実です。
目に見えないものを証明しようとしているため、「現実は幻想」という説は、体験談によってでしか根拠を支えることができません。
さらに言えば、それを信じる人の心の中にしか存在できません。
いくら体験談を聞いたとしても、UFOと全く同じように、偶然で片付けられたらそれまでです。

しかし、それで納得いかない人が着目する先は、必然と量子力学になるでしょう。
「パラレルワールド」というのは、「幻想」とまで言わなくとも、現実の捉え方を軽く出来るため、それが腹におちた状態であれば、メソッドもすんなりと行えます。

潜在意識における量子力学を簡潔に説明しますと、「全ての物質は観察者によって振る舞いが変わる」ということです。
すごく大袈裟に言いますと、「炎は熱くない」と本当に思っている人は、炎を触っても火傷をしないということです。
なぜなら、「炎は熱くない」という観察者によって、炎が「熱くない」ものとして振舞ったからです。

つまり、「自分はお金持ちだ」という観察者がいたならば、周囲の物質はそれにあわせた振る舞いをしなければならないのです。
潜在意識の言葉では、「物質を引き寄せる」ということになります。
今この瞬間から観察されたのですから、物質は変わらなければならないのです、過去は関係ないのです。

「パラレルワールド理論」は「同時にたくさんの世界が存在しており、私たちは毎瞬毎瞬世界を移動している」というものです。
「観察者が変われば、いかようにもその後の物質の振る舞いは変わるはずなので、まるで様々な可能性を持った世界がいくつもあるかのように考えることが出来る」というものです。

さらに、この理論が自分に内在化したとたん、「時間の概念」にも影響を及ぼします。
つまり、過去も未来も存在せず、全てが思考によって作られた幻想となり、存在するのは今だけです。
なぜならば、パラレルワールドによって「昨日あったことを無かったことにできるし、未来も変えられるからです。それは、過去と未来の崩壊です。
例えば、昨日恋人と別れたとします。しかし、別れ話をされたという記憶、「恋人は私をふった人」という観念が本当に取り除かれたとしたら、次の瞬間に恋人とは別れていない自分が存在しうるのです。
言い換えれば、「恋人と別れたという事実がない世界へ移動した」ということになるのです。

大袈裟な例でしたが、もう少し現実的に言い換えれば、「自信満々な自分」が観察した世界は、それを証明するように物質が変化する、つまり、自信に満ちた自分に相応な現実を引き寄せられる」ということです。

さらに、パラレルワールド論は「葛藤」に非常に役に立ちます。
「どの選択をしようが、うまくいく」ということになりうるのです。

例えば、恋人との初デートのプランを考えるとします。
「明日映画館に行こうか、遊園地にいこうか」と、ささいな事でも非常に頭を抱えると思います。
しかし、どっちを選んでも、その後の意図次第で、結果的にいいデートになるかならないかが決まるので、選択の内容は、正直あまり関係がないです。

以上のことが、量子力学的に「現実は幻想」ということの根拠になります。

次に「時間の概念」について考察します。

時間は思考の産物だと言いましたが、冷静に考えると、本当に「今」しかないのです。
例えば学生時代のすごく恥ずかしいことを思い出したとします。
思わず「ホントに恥ずかしいことしたなあ」と、当時感じていた感情が湧き上がってくると思います。

しかし、その感情が湧いているのも「今」ですし、もっと言えば過去のことを思い出しているのも「今」なんです。
「今」しか何もできないのです。
UFOと同じように、「過去というものがある」と信じている私たちの頭の中にしか存在できないのです。

つまり、潜在意識の探求をするということは、信じているものを歴史的・且つ・革命的に変えようとしていることなのです。
時間や現実の概念を取り出して、潜在意識の存在を変わりに入れようとしている最中なのです。
ですから、なかなかうまくいかないのは仕方がないのです。少しずつで全然構わないのです。

潜在意識関連ではよく耳にする「全ては完璧だ」という言葉は、この「今」だけに焦点を当てた時、その意味がわかってくると思います。
仮に「全てが完璧な状態だったとしたならば」と想像してみます。
その後、どうなって欲しいでしょうか。
全てが完璧な状態だとしたら、答えは一つ、「この状態がずっと続くこと」ですよね。
「ずっとこの状態でもいい」と今この瞬間思えたならば、完璧な状態と今は「完全に一致」になります。

ただ、思考によって「未来と過去」が入り込んでくると、一瞬で「このままではいけない」という思いに変わります。

「過去にあんな業績を残した自分は頭が悪くてトロくて、こんな自分がずっと続いちゃだめだ」とか、
「未来は何が起こるかわからないから、もっと貯金しなきゃいけない、今のままじゃだめだ」とか、なかなか「完全に一致」することが難しくなります。
これが「思考を止めろ」、「今に生きろ」という言葉が言われている所以です。
いわゆる「現実を確認しない」というのは、現実の概念の崩壊を導きます。


「今」という生き方は、時間の概念を崩壊してくれるのです。
「今今メソッド」というのもありますが、時間の概念が崩れていけば、このメソッドもかなり強力なものであることがわかります。
すごく核心に近づくことを言いますが「ずっと続いてもいい状態」というのは、「超幸せ」という状態ではないのです。
なぜなら、「超幸せ」というのは、過去と対比して起こることだからです。

潜在意識メソッドの共通点を見ることで核心に迫るスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1394723910/
104 名前:1 投稿日:2014/03/20(木) 18:08:11 ID:MLTw2x720

タイトルとURLをコピーしました