【体感】【自我幻マンさんpart1】潜在意識の情報に価値を見出しているのは、一体誰なのか。願望を持つのも、潜在意識の力とやらで叶えるのも私。全てが自分ありきということに気づくだけです。【メソッド不要論】

達人part
【体感】【自我幻マンさんpar1】潜在意識の情報に価値を見出しているのは、一体誰なのか。願望を持つのも、潜在意識の力とやらで叶えるのも私。全てが自分ありきということに気づくだけです。【メソッド不要論】
達人さん
達人さん

僕達は何かを学ぶ時、知識集めの習慣が出来ているので、潜在意識というものを使いこなそうと思っちゃうんです。
でも本当は、潜在意識を使いこなすなんて出来ない。
私は○○な方法で上手くいったよ、使いこなしてるよ、という人もいるけど、本質的には、その方法によって叶えてよいという許可を自分に出しているだけです。
それで上手くいってるならOKなんだけどね。

でも、方法論だからこそ100%の再現性が無い。
だってその人にとっては真理かもしれないけど、自分には違うのかも、と思っちゃうからね。
だから、色んな人の方法論を読んでも、もっと新しい方法を、もっと新しい考えを、自分に気づきを教えてくれ、って、ループしちゃう。
僕は、もうそんな状態になってる人は全てのメソッドを放棄しちゃったほうがいいと思うんです。

僕は、面倒くさがりだから人のブログやらおすすめの本を読んでる途中で心底うんざりしちゃったんですね。
こんなクソみたいなもん信じるんじゃなかった、時間の無駄じゃねーか、って具合にね。
そしたら、その瞬間に全てに気づいた、やっと気づかされた。
そしたら、色んな達人が言っていた事が理解出来たし、メソッドの本質というか伝えたい事も、願望の叶う仕組みも分かった。

そこに気づいてからであれば、メソッドやら、他の人の考え方も楽しく見ることが出来るようになったけど、気づく前じゃ、その本質を理解するのは困難だったし、頭の中は混乱を極めてた。
だから一つの道として、メソッド不要論を推します。
気がつけは、勝手にポジティブになれるし、願望も大体叶うし、憧れていた、幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたしになれる。
その上で、メソッドを使うなら、使う必要も無くなると思うけど、効果もフル活用出来るし、実現率も、それこそメソッドの提案者と同じ100%になる。

潜在意識の情報に、価値を見出しているのは、一体誰なのか。
願う自分と、叶える自分の分離、叶ったり、叶わなかったりする原因は何か。
メソッド自体に意味はなく、メソッドは自分の意識ひとつに目を向けるだけで、こんなに世界が変わるんだと証明する道具に過ぎないんです。

例えばどんな場合でも、メソッドを行う私が居る訳です。
そして願望を持つのも、もちろん私。
ついでに、潜在意識の力とやらで叶えるのも私。

この私ありきの仕組みに気づければ、あとはダムが決壊するように全部流れ込んでくるはずです。
今ここを感じるのも、願望を願望と思うのも、純粋な意図とやらをするのも、そして意図って何だと自問自答するのも全部私です。

質問さん
質問さん

叶えるためにメソッドする人と、メソッドは叶えるための手段ではないという人もいる、ここに矛盾を感じます。

達人さん
達人さん

人によって言う事が違うのは、見ている角度が違うからです。
メソッドを使って叶えるタイプの人は、メソッドに力を持たせて、願望とそれを叶える自分を演出している、いわばゲーマーみたいなもんです。
叶えるプロセスをメソッドにして、ストイックにゲームを楽しんでいます。

何もしないよ、叶える手段は無い というタイプの人は、願望を持つ事と、叶える事の仕組み自体に気づいて、願望自体、勝手に起きてる事じゃんと気づいた人です。
いわば、ゲームなんてくだらないからやらないよっていう人です。

どっちが正しいとか、間違っているとかはなく、ただ見てる角度というか、考え方が違うだけです。

質問さん
質問さん

特定の願望を確実に叶える方法ば無いってことですか?

達人さん
達人さん

そんな事は言ってないです。
メソッドを試そうとして、達人の話を聞いてみても、願望が叶う気がしない、求めても求めても、どうしても不安が消えない、そんな人には、メソッドを手放すことを薦めたいんです。
メソッドで大事なことは、紙に書いたり、声に出したりという小手先のテクニックじゃなくて、そもそも願望を持っている私とは何なのかに気づくことです。

願望という、頭の中にしか無いものを願望の形にしているのは誰か?
自分という、不安定な存在を形作っているのは誰か?
世界という、不確定なものを形作っているのは誰か?
要するに、全ては私、自分という認識から始まってるんです。

根っこを見たら、どこまでもシンプル、いや、むしろそれしか無い。
思考がーとか、感情がーとか、観念がーとか、○○メソッドがーとか、色々言われてますけど、それに気づけさえすれば、後はどうでもいいんです。
要は、自分という存在があり、その自分を形作っているのも、見える世界を見たいように見ているのも自分です
じゃあ何でも出来るじゃん、好きに決めれば良いじゃん、になる訳です。
メソッドとか、即席で簡単に叶えられそうだけど案外遠回りになることもある。

達人さん
達人さん

ちなみに、メソッドとかで良い思考、いい感情を目指すパターンも多いけど、あれも罠になりやすいと思ってます。
確かに絶望してたり、焦って混乱してる時は本質に気づきにくいです。
だから、一般的に良いとされる状態(ポジティブ、喜び、幸せ)に移行させて、気づく為に冷静になってもらうというのはアリだと思う。
でもそこで陥る罠があって、教えてもらったメソッドに取り組んで、プラスの思考感情になれた、気分が良い、この状態こそが願いの叶う状態なんだ、と思ってしまいやすいんです。

確かにそれで 叶いやすくなる事もあると思うし、それで確信を得られるならそれでもOKだと思います。
本人からしてみたら、暗い気持ちや悲しい気持ちよりは、明るくて楽しい気持ちの方が良いはずだと思うに決まってるし、潜在意識を使いこなせる気になって、何だか叶う気もするとも思う。
でも実際は、プラスもマイナスもただの状態に過ぎない。
そこに絶対的な意味は無いし、もっと言うと、私の思考・感情、それ自体に意味がありません。

というか、思考・感情に、良い悪いという意味を付けているのも、結局私、良い思考なら叶うと思ってるのも私、悪い思考なら叶わないと思ってるのも私です。
その私ありきで全てが起きているという部分に気づけないと、またループしちゃうと思うんです。
例え、ポジティブになって願いが叶っても、次からはまずその状態を目指すようになってしまう。
いつもポジティブになれればいいですけど、なかなかそうは行きません。
だってポジティブも状態の一つに過ぎないんですから。

すると、コントロール出来ない自分の思考・感情という、ただの状態の変化に自ら縛られてしまい、自分の思考・感情に疑心暗鬼になってしまう。
こういう状態になってしまっている人が多いと思う。
どうして叶ったんだという部分が分かっていないままなので、今度はいい状態を保つ方法とか、願いを叶える別のメソッドを探し出すことになる。

結局、叶う叶わないで一喜一憂して、そのうちそれ自体に飽きてしまうかもしれないし、もっと知識を溜め込んでスピリチュアル漬けになってしまうかもしれない。
まあ、どんなふうになろうとみんな救われてるんですけどね。
でも僕は、せっかくこんな胡散臭い世界に興味持ったんだから、薄皮一枚向こうの答えを得て、幸せになって欲しいなぁと思ってます。

質問さん
質問さん

それはつまり、どういうことに気付けば良いのでしょうか?
私は頭をフサフサにしたいのですが、鏡を見てもハゲている自分を認めなければいいのですか。

達人さん
達人さん

それは全てが自分ありきということに気づくだけです。
認識するあなたが居なければ、世界はありません。
寝ている時って、願望や、見ている世界や、ついでに自分という存在もどこかへ消えてる訳です。
そんなふうに寝れば消える、形のないものの形を作っているのは誰かってことです。

自分という形、つまり、体、思考、感情、価値観などは、知らないうちに出来てたはずだし、自分の意志で作った訳ではないですよね。
では、その自分で作っていない、関わっていない、なぜか知らんうちに出来てたものを自分だと思っているのは誰でしょうか。
自分を自分であると認識している事自体が、すなわち自分を形作っているという事です。

そうなると、自分の設定を作らなけりゃいいんだと思いますよね、でもそんな簡単に設定を作れるなら、頭がハゲていることに、あなたはそもそも悩まないはずです。
鏡を見て、ハゲている私、これは私じゃ無いと思ってる時点で、それを強固に認めてるのと同じ事で、こんなの認めないと思っても、鏡を見て、気にしないフリをしている自分がそこに居るだけでしょう。
なので、表面的なフリではなく、どこまでもくっついてくる自分という幻想そのものに気づくべきかなと思います。

質問さん
質問さん

願望が叶ったり叶わなかったりするのはなぜでしょうか。
復縁を願っていた彼とは、大喧嘩したのに、なぜか復縁したことがあります。

達人さん
達人さん

願ってる時点で叶うからです。
彼と大喧嘩しようが、ネガティブだろうが、メソッドをやろうがやるまいが、叶わないと思ってようが関係ありません。
思考・感情は幻みたいなもんですし、それ自体には元々力なんてありません。
力があると思ったり、感じているのも自分です。

願望の叶う、叶わないの違いは、単に自分が叶えたいか、叶えたくないかの違いです。
何を思ってようが、考えてようが、叶えたいものなら叶うし、色々理由つけて願ってようが、叶えたくないものなら叶わない、ただそれだけです。

叶わない事の原因を探してみれば、それこそ切りがない程出てくると思います。
けど、要するに今叶えたいと思ってないだけです。
何かしら叶えられる理由、叶えていいという根拠が欲しくて、実現を先延ばしにしていたり、そもそも自分で、これが自分の願いなんだって思い込もうとしてるだけだったりするんです。

あなたの願いが叶わないのは、色々な観念や思考が邪魔しているからだって、スピリチュアルとか潜在意識の世界ではよく言われてませんか。
確かに理屈は正しいとも言えるけど、正直そんなの枝葉の部分でしかないと思うんです。

そもそも思考・感情それ自体に意味は無いし、そこに何かしら意味づけしているのも自分です。
そして、その自分すら幻です。
だから本当は自分の思考感情に責任を持つことも、その影響を気にすることにも意味なんてない。
というか、観念や思考、それ自体が意志と関係なく勝手に生まれているのに、それを外すとか、解放するとか、目の前の事に焦って悩んでる人には難しく感じると思うんです。
混乱を一つずつ地道に整理させて、全てをフラットにしていくうちにゴールさせるっていうのは、方法と情報が氾濫してて、罠だらけで迷子になりやすいと思う。

そんな険しいダンジョンを攻略させるより、スタートからゴールへのテレポートの仕方を教えた方が楽じゃないのっていうのが僕の考えです。
全て幻だからこそ、なんだって出来るってことに気づくことだと思います。

潜在意識を使いこなす達人が集うスレ25
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/study/9650/1398788701/25
972 : 幸せな名無しさん :2014/07/30(水) 06:41:07 BS.cB5ZA0

タイトルとURLをコピーしました