【気づき】「充足の条件を外す」所有権というのは、充足のための絶対条件ではないです。それは、充足を限定された状況下でのみ経験しようと決めている、エゴの単なるアイデアに過ぎないのです。by108さん

体感・気づき・方法論
【気づき】「充足の条件を外す」所有権というのは、充足のための絶対条件ではないです。それは、充足を限定された状況下でのみ経験しようと決めている、エゴの単なるアイデアに過ぎないのです。by108さん
質問さん
質問さん

「充足を見る」というのは、「願望が叶ったところをイメージする」というのとは違いますか?

達人さん
達人さん

「充足を見る」ということは、特定の事柄に対して、「所有権を確認して無理矢理満足する」、ということではありません。

別の領域から見れば、あなたは既に、全ての願望を実現しています。
つまり、実際には、望むものを全て持っているのです。

ちょっと思いついた些細な願望や、世界を巻き込んだ大それた野望、
ショーウインドウで見かけた素敵なアパレル、田園調布の大豪邸、高層マンションの最上階にある高級住宅、最高級外車、持ちきれないほどの札束、美しく壮大な大自然の中での悠々自適の生活など、これらのことを、あなたも見たり聞いたりしたことがあるでしょう。
つまり、あなたの意識の中に入ってきたことがあるはずです。

それならば、あなたは既にそれらを持っているのです。
あなたの意識的体験に入ってきたということは、紛れもなく、あなたはそれを持っているということです。

ところがエゴの認識内では、「それは『持っている』ということにはならない」と言うことが出来ます。
「所有権」というアイデアを活用して、「持っていない」ことに出来るのです。

それでは、次のことを考えてみてください。
あなたが車を運転していて、たまたま前を行く車のナンバープレートが、「1111」だったとします。

この時あなたは、「お、ゾロ目だラッキー、なんか良いことがあるような気がするぞ」、と思ったとします。
この時、あなたはその車を所有しているわけでも、そのナンバープレートを所有しているわけでもありません。
でもあなたはラッキーだと感じて、嬉しい気持ちになりました、なぜですか?

この時あなたは、エゴの「所有権」というアイデアを無視して、充足を感じているのです。

同じように、あなたの見ているテレビに、あなたの大好きなタレントが登場したとします。
あなたは大喜びして充足を感じます。
あなたがそのタレントを所有したわけでも、そのタレントが実際に目の前にいるわけでもないです、なぜですか?

実際にはテレビ局から送信された電波信号に従って、液晶画面に、ある特定の映像パターンが映し出されているに過ぎません。

あなたが聞いていたラジオ番組に、大好きなタレントがゲストとして登場しました。
あなたはウットリとして、その声に耳を傾け、充足を感じます。
ところが番組の途中で、その人は物まねタレントで、ドッキリであったことがばらされます。

それでは、あなたがそこで感じた充足は一体何だったのですか?
自分の信念に応じて、充足を呼び起こしただけですよね。

あなたの買った宝くじの、当選番号発表日が来たとします。
あなたは手持ちの宝くじの番号を当選番号と照合します。
「やった、一等だ、二億円が当たってるぞ、バンザーイ」と喜びますね。
この時あなたは、実際に二億円を手に入れたわけでもありません。
手持ちのクジと当選番号とを見比べて、特定の数字が一定の順序で並んでいることを確認して、それぞれが同一パターンで一致していることを、単に認識しただけのことです。

要するにあなたは、普段は特定の条件下、つまり、「所有権が確認された場合」に限って、充足を経験することを許しているように思っていますが、よくよく見ていくと、必ずしもそうではないということです。

所有権というのは、充足のための絶対条件ではないです。
それは、充足を限定された状況下でのみ経験しようと決めている、エゴの単なるアイデアに過ぎないのです。

つまり、充足は何らかの条件によって限定されているものではないのです。
むしろ、あらゆる限定から自由なものです。
それなら、あなたが設けた限定条件を自ら外せば、あなたは直に、充足の経験に入ることが出来ることになります。

今まで述べたことを頭に置いて、自分が既に、どれだけ充足しているか再確認してみるといいです。
そうやって、自らの充足に気付く度合いにしたがって、充足の経験は避けられないものになっていきます。

108質疑応答
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1235909400/
3296 名前:108★ 投稿日:2010/03/10(水) 02:46:31 ID:???0

タイトルとURLをコピーしました