【方法論】「不幸には、何らかの価値もない」「私は、なぜ『不幸は面白い』という価値基準を持ち続けているのだろうか?」と問いかけます。問いかけたら、あとは、考えないで放っておきます。

体感・気づき・方法論
質問さん
質問さん

108さんのメソッドって、簡単なようで難しくないですか?

自分に問いかけると「不幸がなくなるのはつまらない」と返ってきて、それを捨てようとするんだけど、捨てる決心がつかない自分がいます。
ひきこもりニートだから、「もう働かなければいけない」と思っていて、それが嫌だったので、いろいろメソッドをしていたら、まだ働かなくてもいい状況になったけど、期限は迫っています。
現状が嫌なことには変わりないし、かといって、深い気づきがないまま外に出るのも怖いです。

達人さん
達人さん

難しく感じるということは、複雑に捉えすぎているというか、どこかやり方が間違っているのです。

あなた自身が「難しく感じるかどうか」を、指針と見なしてもいいです。
簡単、楽に感じることが正解です。

したがって、難しく感じるどんなやり方も採用する必要はない。

あなたが抱えている問題点は既に明らかです。

あなたの内部に「不幸が無くなってはいけない」という信念があり、これがあなたにとって、様々な問題を引き起こしていることは明らかなわけです。
ところが、捨てようとしても、なかなか踏ん切りが付かない。
「不幸には価値がある」という信念が解除できていないからです。

それなら、無理して捨てようとする必要はありません。

「私は『不幸は面白い』という価値基準をもっている」と、こう認めます。
あなたにとってシックリ来る表現でそうしてください。
認めたら、さらに問いかけてみます。

「私は、なぜ『不幸は面白い』という価値基準を持ち続けているのだろうか?」

問いかけたら、あとは、考えないで放っておきます。
そのうち、その答えとなるものが現れてきます。

あなたは色々と焦っているようなので、まず一度落ち着くことです。
まだ働かなくてもいい状況になったのなら、今は安全なはずです。
そして、あなたの認識を変更するための呼び水として、次のアファメーションをお勧めします。

「不幸には、何らかの価値もない」

表現は、好きなように変えて結構です。
これはあなたがいずれ到達する結論なので、先取りして唱えても全く問題はありません。

もうひとつ、あなたはメソッドに関して、根本的に間違ったアプローチをしています。
あなたは「働かなければいけない」と思っていながら、それが嫌なので、その恐怖から逃避するためにメソッドという手段を取った。
これは、単なる「逃避」に過ぎません。
これでは恐怖心を解消するどころか、ますます恐怖の対象を支えてしまいます。

あなたがご自分で「ひきこもりニート」と言っている、その状態にとどめているのは、あなたが自分でこしらえた、働くことへの恐怖心に他なりません。

だから、まずはこの恐怖心を解除しておくことをお勧めします。

「働かなくてはいけないわけではない」、ということです。

これは、あなたの恐怖心を刺激しないので、安心感を感じるでしょう。
労働を、切迫感や、脅迫感なしに捉え始める手がかりになります。

そして、「ひきこもりニート」のままで構わないので、あなたの生活する環境を、出来るだけ清潔に整えてください。
部屋は綺麗に掃除して、いらないものを捨てて整理してください。
あなた自身の身だしなみも、そのまま外に出ても違和感がないレベルまで、綺麗に整えて、ちゃんとした服装をするようにしてください。
でも、「ひきこもりニート」のままでいてください。
あなたがするべきことは、「ひきこもりニート」というあなたの立場を変更することではなく、その立場のままで、出来るだけ自分と身の回りの環境を整えることです。
それだけで充分です。

あとは、あなた自身や、あなたの周辺にどんな変化が起きるのか見ていてください。
何かを思いついたら、それを行動に移しても結構です。
ただ、そのタイミングまでは、無理して動こうとか思わずに、自分を急きたてないようにしてください。

108質疑応答
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1235909400/
1514 名前:108★ 投稿日:2009/04/21(火) 00:08:35 ID:???0

タイトルとURLをコピーしました