【方法論】「充足した現実だけを見る」もう何があってもエゴの認識は採用しない、本当の充足した現実だけを見る、と決断してください。決断して、幻想を支えるのをやめたら、そんなものは消えます。

達人part
【方法論】「充足した現実だけを見る」もう何があってもエゴの認識は採用しない、本当の充足した現実だけを見る、と決断してください。決断して、幻想を支えるのをやめたら、そんなものは消えます。
質問さん
質問さん

「既にある」って結局言葉遊びですよね。
実践するのはしんどいんです。
結局は、想像上で、何でも欲しいものが手に入るってことですか?

達人さん
達人さん

私が繰り返し繰り返し言っていることは、全ての願望は、実際の物理的現象として、何でも実現できるということです。
実際、表現は違えど、これしか言っていません。

もし、あなたの指摘どおりの主張だとしたら、願望は叶うとは限りませんが、想像上でならいくらでも叶います、という言い方をしたでしょう。
こんな屁理屈は何の役にも立ちません。

あなたや、他の同じような境遇の人の問題点は、「実践するのはしんどい」、これに尽きます。
しんどいということは、明らかにやり方を間違っています。
私の提案した方法には、しんどいものなど一つもありません。
つまりあなたは、なんだかんだ言っても、エゴのゲームにかまけてしまっていて、本当の所は、それを手放す気はないのです。

エゴのゲームは楽しいでしょう。
それを保持し続けたいのなら、私は何も言うことはありません、どうぞ、いつまでも続けてください。
そうじゃなくて、もう放棄したい、充足を感じたい、というのなら、ハッキリと決断して、そのようにしてください。

「もう何があってもエゴの認識は採用しない、本当の充足した現実だけを見る」、と決断してください。
決断して、幻想を支えるのをやめたら、そんなものは消えます。
実際にはないものなんですから、消えます。

「いくら取り組んでも、思うような現象化がないんだよ!」、と、あなた方が考えたいのは分かります。

こうしてあなたは、いつでもエゴのゲームに戻れるように、命綱をつけて、別の領域をのぞき込もうとしている。
その中に、エゴのゲームを放棄するに値するものが確認できたら、命綱を外して、別の領域に飛び込むつもりなんです。

実際にはそんなことをしなくても、証となるものは、あちこちに現れているはずです。
本当はエゴのゲームを実行中でいながらも、その証拠を無数に垣間見ているはずです。
ところが、あなた方はそれを積極的に無視している。

そのうちあなたは、別の領域に全身をどっぷりと浸かりながら、こう言うでしょう。
「まだだ、まだ何も見えてこないぞ、だから命綱は外すことはできない」、こう言うでしょう。
本当は充足にどっぷり浸り込んでいるというのに、気付かぬ振りをしています。
「もうこんな不毛なゲームはたくさんだ」と宣言してください。
ゲームを放棄して、充足のほうを見ることを決意してください。

あなたの中に、完全な充足へ、消えない不信感があるとしても、その不信感を、勇気を持って捨て去らなくちゃならないんです。
勇気を振り絞って、命綱を外してみてください。
そうすれば、既にウレタンマットの上にいたことに気付くと思います。

108質疑応答
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/10211/1235909400/
4 名前:108★ 投稿日:2009/03/02(月) 00:21:46 ID:???0

タイトルとURLをコピーしました