【方法論】【isaさんpart11】『怯えるきみも、怖がるきみも完璧なんだ、叶えても完璧だし、叶えなくても完璧なんだ。』だからきみが好きな方を選べば良いよ、どちらにしても完璧なんだから。

達人part
【方法論】【isaさんpart11】『怯えるきみも、怖がるきみも完璧なんだ、叶えても完璧だし、叶えなくても完璧なんだ。』だからきみが好きな方を選べば良いよ、どちらにしても完璧なんだから。
質問さん
質問さん

働かず好きな事して金持ちになって毎日過ごすには、どうすればいんだろう

達人さん
達人さん

私は仕事=遊びなんだ、遊んでるのに金くれんの、ラッキーという感覚なんだ。
世界って、仕事や金も含まれているんだよ。

きみが不満を持っている数だけ、きみ自身を許していない、だから自愛しろと言ったんだ。
ピンポイントでやると、不足やら自分の感情の起伏に飲まれやすいだろ?
だから欲しいものを全部、丸ごと一気に世界から与えてもらおうと思って、私はやり始めたんだよ。

丸ごと自愛で解決なんだが、今の仕事で嫌なところを全部挙げてみろ。
別の領域の属性には一体、愛、などの他に自由、もあるんだ。
それから逆にきみがしたい事はなんだ、働かないっていうのは答えじゃない、働かなければ毎日何をして生活したいんだ、何かするだろ?
何故それで金を得られないんだ、逆に好きな事、遊びで何故金を稼げないんだ?

きみは心から楽しいと思った仕事をした事があるか?
仕事に関する不満も、異性に関する願望も同じだ、
世界=自分を無視するな。

今すぐこの状態から脱したいのは何故だ、それは恋愛相談の、今すぐ彼と付き合いたい、もうもたない、と何一つ違いはないんだよ、散々自愛しろと言っただろ、自愛しろだ。
きみは許すべき事が山程ある、とにかくありのままの自分である事を許しまくれ。
苦痛を感じている自分、仕事をやめたい自分、やめられないでいる自分、願望が叶っていない自分、限界にきている自分、それらを許せない自分、全てのありとあらゆる自分を許すんだ。

私の話だが、夢だった仕事について遊び感覚だ。
しかし遊び感覚でいる事にかなりの罪悪感を持っていた。
遊び感覚だから、金を受け取る事にも罪悪感がかなりあった、
だがそれを許したんだ、仕事も金も増えた、しかも自由時間はかなり確保できる。
これに抵抗を感じる自分も許せ。

質問さん
質問さん

相手を許せないという気持ちは、相手を許さなくていいということかな?

達人さん
達人さん

当たり前だろ、相手を許す必要は全くない、相手を許せない自分を許せ。

質問さん
質問さん

今の自分を無条件に愛してるんなら、もう叶っても叶わなくてもいいじゃんって思えた。

達人さん
達人さん

叶っても叶わなくてもいい、の解釈が私はちょっと違う、叶った自分も好きだが、まだ叶っていないと認識してしまっている自分でもいいんだ。
ついでにいうと、あれはだめ、あれは違うも条件なんだ、だから願望ありきで自愛してしまっている自分も許すのが、自愛だよ。
きみは自分に制限をかけているか?、制限を外してもいい、制限を外さなくてもいい、ありのままの自分である事を許しまくることが自愛だよ。

質問さん
質問さん

私は人見知りなところがあって、ちょっとした会話でも怖さを感じている気がします。

達人さん
達人さん

恐怖を感じた時、恐怖は分離の属性の一つだ。
許し、愛は別の領域だ、分離は有限、別の領域は無限だ、いずれ分離はガス欠するんだ。
恐怖を感じた時、まず恐怖を感じる自分を許すだろ、感じてもいいと許す。
そう思えなければそんな自分も許すんだ。

さらに、まだ思えなくてもそんな恐怖に飲まれている自分も許す。
怖がらなくても大丈夫だよ、じゃないんだ、怖がっても大丈夫だよ、なんだよ。
他人と会話をする時もそうだ、嫌だと思っていい、話さなくてもいい、罪悪感を感じてもいい、自分を規制するな。
ありのままの自分である事を許しまくるんだよ、後悔する自分も許せだ。

質問さん
質問さん

自愛してたら、好きな人にストーカーみたいで怖いって言われてつらい、もうおしまいです

達人さん
達人さん

落ち着け、自愛は対自分だ、対現象、対世界ではない。
きみは今どんな気分だ、それを感じる自分を許せ、さらに、動揺する自分も、不安や絶望しか感じられない自分も許すんだ。
自分を裁くな、過去の行動をした自分、後悔している自分を許すんだよ。

質問さん
質問さん

好きな人から気持ち悪がられてた自分なんて愛せないです、すごい嫌な気持ちです

達人さん
達人さん

そういうふうに感じているきみで構わないんだよ、そんな自分でも構わないんだ、そんな自分を許すんだ。

自愛というのは、別の領域を自分=全てに採用しているということなんだ。
だから、別の領域に属する言葉ならしっくりくるものなら何でもいい。
ちなみにわたしは、完璧だ、が1番しっくりくるんだ、こんな私だが完璧だ、とね。

別の領域に属するものは、無償の愛、完璧、完全、既にある、無限、永遠、一体、感謝などだ。
この属性を自分=全てに与える、という事なんだよ。

質問さん
質問さん

会社の給料は低いが、貰えるだけマシって考えもある。
好きな遊びで金を稼げたらいいのに。

達人さん
達人さん

きみがやろうとしている事はこの不満足な状態に身を置いている自分を認めて満足するだ。
満足するわけがないだろ、無理だ、諦めろ、それはきみについた属性を認める、強化する行為だ。
そうではなくて、きみの属性は完璧なんだ。、
私が仕事に不満を持っている事を許す(何故なら私はそのままで完璧だからだ)というのが正解だ、違いがわかるか?

完璧なのはきみだけだ、周りの状況や環境は完璧じゃないんだろ、無理矢理つけなくていい。
それから仕事を本気で楽しむとは、正に海賊になった感じだ。
好きなことだけして金を稼げないと思っている自分も許す、そんな自分も完璧だからだ。

質問さん
質問さん

我々エゴに、愛するっていうことは出来ない気がする。

達人さん
達人さん

エゴだという事自体が錯覚だ、エゴは完全なるものから分離したものだ。
分離はなかった、勘違いしているだけだから、私たちは自分をエゴだと勘違いしているだけだ。

質問さん
質問さん

怖い夢を見て怖かった。
どんな私も完璧なら、どんな私でも叶っていいよね?

達人さん
達人さん

怯えるきみも、怖がるきみも完璧なんだ、叶えても完璧だし叶えなくても完璧なんだ。
だからきみが好きな方を選べば良いよ、どちらにしても完璧なんだから。
きみにだけ属性をつけているんだ、何故ならばきみは世界だから。
きみが丸ごと完璧ならば、世界は丸ごと完璧なんだ。

質問さん
質問さん

体の痛みがある場合、痛み自体を許すんでしょうか?

達人さん
達人さん

痛みを感じてしまっている自分を許すんだよ。
痛みに働きかけるんじゃないよ、あくまできみだけだ。
だから痛みを排除しようとしてしまっている自分を許す、ということだ。

自愛を勧めるのは別の領域の見解を全面採用する為だ。
ちなみに「欲する」ことは分離だ。
完璧な属性において、似たような言葉は「選ぶ」かな。
「ある」が大前提なんだ。

タイトルとURLをコピーしました