【体感】「全てを委ねる。委ねようというのも委ねる」もし、全てを委ねているのなら、私は、起こることに囚われないだろう、何故なら、それらは完璧なのだから。【元祖1式】

体感・気づき・方法論
【体感】「全てを委ねる。委ねようというのも委ねる」もし、全てを委ねているのなら、私は、起こることに囚われないだろう、何故なら、それらは完璧なのだから。【元祖1式】
質問さん
質問さん

全ての思考を止めようとする、元祖1式メソッドを実践している人はいますか?

達人さん
達人さん

最近、実践し始めていて、現在も実践中です。

考えないでいるというよりも、全てを委ねる。
「委ねよう」というのも委ねる、という感じでしょうか。

自分の中では、全てを委ねている状態では、思考は出て来ません。
仮に出てきても、それは過ぎ去ります。
つまり、思考を放っておける、ということです。

仏教やキリスト教でも、人間の「苦」は、「思考」に端を発している、ということを言わんとしていると感じています。
過去に起こったことを後悔し、これから起こることを心配・恐れる。

長年にわたり、色々取り組んできて、元祖1式に行き着きました。
もうこれしかないな、と感じています。

アファについては、自由にやっています。
念仏のようなもので、それが願望実現につながるとは感じていません。
願望も委ねると決めたので、願望実現への執着から解放されました。

思考を止めようとするのも委ねていると、思考を止めようという「自分」を手放すことが出来る感じがあります。

「全てを委ねている=自分を手放している」、「自分=思考」、のように感じています。

この現実は「夢」に近いもののように感じています。
だから、「他人」が変わったり、「過去」が変わったりなどは、起きうると思います。

質問さん
質問さん

過去は何か変わりましたか?

達人さん
達人さん

自分が変わったからなのか、過去に苦しむことはなくなりました。
もう、過去が変わろうが、変わらなかろうが、どうでもいいです。

顕在意識にとって、嫌だと感じることが起きた時こそ、選択の時です。
全てを委ねるのか、否かです。

全てを委ねていたら、もうそんなこと、どうでもいいはずです。
試されています。
今が選択の時です。

もし全てを委ねているのなら、私は起こることに囚われないだろう、何故なら、それらは完璧なのだから。

私はもう望まないだろう、何故なら、望むことすら必要ないのだから。

もう「私」の出る幕も無いだろう、何故なら、「全て」だけがあるのだから。

達人スレ元祖1式part2
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/9650/1465654749/
947 : 幸せな名無しさん :2019/09/12(木) 22:16:28 DecOz33s0

タイトルとURLをコピーしました