【方法論】【自己観察さんpart9】「既にあるを理解しようとするのではなく、既にあることを感じてみる、採用してみる。」私の認識では、別の領域を信頼するしかないということになっています。

達人part
【方法論】【自己観察さんpart9】「思考や感情に淡々と気付くこと」現状を見て「ない」と思うのは、「ある」が真実だから認識出来るのであって、本当に存在しないものは「ない」という自覚すら出来ないのです。
質問さん
質問さん

既にあるについて教えて下さい。

達人さん
達人さん

既にあるは、許可できてる度合いによって見えてくるものです。
この許可と言うのも、別の領域が信頼できれば、自然に許可できるようになります。
理解しようとするのではなく、既にあることを感じてみる、採用してみる。

私の認識では、別の領域を信頼するしかないということになっています。
なので、既にあるが理屈でわかっても認識が変わるわけではありません。

別の領域では無であり全てだと書きました。
無いと同時にあるが矛盾なく存在します。
すべての潜在的可能性が、生じることも滅することもなく遍在しています。
欲しい、無いと思ったと同時にあるので願望=実現です。

そしてこの現象の世界では、ないとあるは対立します。
まずひとつの点が存在します、それは、ないとあるが同時にあるんです。
その点を引き伸ばして一本の線が出来たとき、ないとあるの相対する極が生まれた。

ないと同時にあるが成立しないので、二極を結ぶ線のプロセス(ないからある)になります。
あるを体験するには、ないと認定することで手に入れるプロセスを経る必要があります。
ということはあることが前提でないと、ないという認定自体が出来ないことになります。

私たちが現状を見てないと思うのは、あるが真実だからその真実を否定しているないを認識出来るのであって、本当に存在しないものは、ないという自覚すら出来ないのです。

現実世界は、別の領域での自分の内部表現が、肉体を通して目の前にそのまま投影されて展開されているのですが、遍在する可能性の中から欲しいものや状況を形作ったとき、(こういうものが欲しいと思ったとき)、目の前の空間にそれは実際にあるはずなのです。

具体的に書いてみますが、何かを欲したとき、例えば優しくて2~3歳上のイケメン彼氏が欲しいみたいな、実際には存在を確認できていないものを欲する場合と、既に存在はするけれど他人の所有物だったり、お店で売ってはいるけれど金額的に手に入れるのが難しいと感じるものだったり、供給数が少なすぎて手に入れることが困難なように思えるものだったり……といろんなケースがあると思います。

これをないと同時にあるという話からすると、どんな願望であれ欲しいという意識が私の中で生まれたとき、既にそれらは実現されている(願望も実現も投影されている)ということです。
実際に優しくて2~3歳上のイケメン彼氏と付き合ってるし、欲しいと思った物や人、状況はすべて自分のものになっています。

それらの場合のまだ現れていない、他人の所有物だ、お金がないので手に入れられない、数が少ないので手に入れるのは困難などの、それが実現していないように見える理由はすべて、既にあるものをないと認定するために幻想を見ているだけということになります。

チケット7章でのパンの話を思い出して欲しいんですが、既に自分のパンとして目の前にあるのに、自分のものではないと認定して手に入れるために何かをしなくてはいけないと思い込んで現実を見ているので、他人のもの、手に入れるのが困難な現象として、目の前に展開しているのです。

ではこのないという認定をどうすればいいのかということになるんですが、この現象世界ではこの既にあるが瞬時に自分のものとして起こることは通常ほとんどありません。

この現実世界で生きるための基本ルールとして選んでるフィルターがあります。
肉体があって椅子に座って机やキーボードを触れたり画面の文字が読めているのも、そういった地球的な物理法則を採用しているから出来ることですが、実際にはただの電気信号をそのように脳で処理しているだけのことです。
このフィルターは自己防衛本能に大きくかかわっているので、既にあるがないようにしか見えないのは当然のことです。

例えばケーキが食べたいと思った瞬間、空間からケーキが出現したり、見知らぬ人からプレゼントされたりしたとして、すんなり受け取ることは難しいと思うし、出どころ不明なケーキを口に入れるのも勇気がいると思います。
ちょっと思いついただけのことが、時系列を無視してすぐに実現すると、人間として生きるうえでかなり支障があると思います。
なので欲しいものが出現したときに、空中から突然物質化するのを目撃することは殆どないと思います。
たいていは時間や所有という概念を使って、観念が受け入れやすい自然な形で現れます。
自分のものではなかったが手に入ったとかいつの間にか自分のものになっていたという形です。

既にあるを実感できるようになると、自分のものではないとして見えてる現実が、本当は自分のものであるけれど、現実という2元世界での便宜上他人のものなり、入手困難なものとして現れてるだけだということがわかっているので、渇望するということが出来なくなります。

当然ですが、他人のものを勝手に自分のものだと思い込んで満足しているだけだとしたら、思い込みの激しいイタイ人なだけです。
そうではなく、実際に客観的事実として自分のものになるということです。
ただ、自分のものになるまでに、2元世界の性質上必要なプロセスがあるけれど、放っておけば自分のものとしてやってくるのが当たり前なので、何もする必要がないことがわかっているのです。

私たちは今まで、この現象世界しか認識できていなかったので、便宜上、自分のものではない状況として現れているだけなのに、その現象を、固定された状況で変えることは難しい事実だというように捉えてしまっていて、ないということがものすごく苦しく感じるし、手に入れるためにいろんなことをしなければならないと思い込んでいます。
そして手に入れようと試行錯誤することで余計に事態をややこしくしてるだけなのです。

認識が変更されると、同じ現象を見ても違うように見えるというのはこういうことです。
他人のものとして見える現実が、ただの途中経過に過ぎないと見えるか、他人から何とかして自分のものにするために何かをしなくてはいけないように見えるかの違いです。

そういうわけで、起きている現実に対してどう捉えるかがこの先に起こることを変えていくというのは本当のことです。
ただそれは、ポジティブに捉えていれば、叶わなくても満足できるでしょ的な精神論ではありません。
それで心底安心して満足できるならいいのですが、そうでない場合は蓋になることもあります。
なので、別の領域に浸って信頼を高めることで認識を変えたほうが楽だし、間違いにくいと思いました。

別の領域が主体のとき、わざわざポジティブを心がけて思考の調整をしなくても、そのようにしか思えないということです。
既にあるが分かるまで既にあるを適用できないという観念を持ってる方が多いと思うんですが、ある事にこだわりすぎるとないという否定が強くなってしまうので、わからないけど既にあるを適用してみよう、既にあるとして世の中を見てみよう、こう思うことで、理解しようとする思考のループを切ることができます。
ですので、私の話はそんなものかくらいでいいので、自分自身の別の領域を信頼してみてください。

タイトルとURLをコピーしました