【気づき】「自分自身がホログラム」ホログラムである自分は人間的に成長しないってことに気付いたんだ。そもそも、自分がホログラムだからだ。だから、成長を、努力を諦めたんだよ。

体感・気づき・方法論

達人さん
達人さん

自分は以前、事故にあったことがあって、停止中に後ろからぶつけられたから、明らかに「10:0」なのに、加害者や保険会社といろいろあって、納得できないことが多くて、いろんな感情が出てきたけど、許して、抵抗を手放したらすぐに思うようになった。
そのときは「マネーゲーム本」のことは知らなかったけどね。

抵抗を手放したとき、一番スムーズにいく。
それにはまず、「これは幻想だ」と見抜くことだ。
そして、コントロールしないことが、結果に執着しないことが、唯一、自らをコントロールできる道だ。
それを知識でなく、経験で得ることなんだよね。
これはお金を積んでも、いくら本を読んでも得られない貴重な経験で、一生失われない宝物だ。

キリストが「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」っていってるのは、それは、ホログラムを見抜くのに効率的だからだよね。
現実と感じている、外部、肉体の痛みとか、心の痛み、どれもこれも幻想なんだけど、それに気付いて、受け入れるとき、許すとき、ひとつの循環が終わり、新しいステージに行ける。

「相手がこんなにひどいことをした」とか、「自分は正しい」、「自分は被害者だ」とか、一切関係ないんだ。
だって世界には」、究極的には自分しかいないのだから。

別にいい人である必要はないし、聖人君子のようにある必要はない。
ただ、その循環から抜ける意志を持っているかどうかだ。
反応はカルマを作る。
なにかあったとき、それに反応すると、それが循環するんだよ。

加害者は別の局面で被害者になり、被害者は別の局面で加害者だ。
言い換えると、その人が被害者である限り、心にその意識がある限り、別の局面でその人は加害者になってしまう。
これは二元論の世界、ホログラムにフォーカスしている限り続く「枷」なのだ。

あなたが自由になりたいなら、許しや受容は、相手の為ではなく、自分のための、もっとも効率的な方法だ。
ホログラム同様、時間の枠組みも幻想だ。

3次元に生きるあなた、ホログラムに生きるあなたは、便宜的にそう解釈することしかできないだけで、本来のあなたの中では、すべての原因と結果は同時に起きている。
「過去も未来もなく、この一瞬しかない」っていうことだ。

何か嫌なことがあったとき、それに力を与えてはならない、プロセスしよう!
「これがこうだったから、こう反応するべきだ」という、一連の流れを捨てること。
物事に反応しないことは、その循環を断ち切ることになる。

たとえば、誰かに殴られて、それで殴り返して、これが自分としての正当な結果だと思っても、そのホログラムは、この一瞬に同時に起きてるんだ。
だから反応しないで、その循環を断ち切るんだ。

そういった「浄化」を進めていくと、「これは自分で作っているホログラムなんだ」という実感がわいてくる。
みんなで共有している現実」なんてないんだ」と感じる。
時に奇妙なことが起こり、どんな奇跡も起こりうることを感じる。

一方で、ホログラムとして、あなたが今までに溜めていたものが次々と現れて、一時的に悪化しているように思えるかもしれない。
孤独を感じることが多くなるかもしれない。
今まで、シンプルに外側に向けていた怒りが、行き場のない、自分への悲しみとなって向かってくるかもしれない。

ホログラムと認識してしまうことで、外部に対する力が落ちて、やりたいことを見失い、一時的に無気力になるかもしれない。
ただ、それはそんなに長くは続かない。

プロセスを進めて、浄化が進めば、すぐに本来の自分が姿を現して、自由に生き生きとできる。
別にホログラムを追いかけまわさなくても、「リアクションモード」とかいう、あの状態に近づきつつある。

プロセスを続けたら、自分のエゴも、感情も、思考も、なんか風景みたいに、ただ在る、そんな感じになる。
窓の外で木が風に揺れてるのと同じ感覚で、自らの中を眺められるようになった。
というか、自分の外にあるものみたいだ。
これが本来の自分視点なのかな。

だからもう、それらをまったくコントロールする気がなくなった。
たまに「しょうがないなあ」とは思うけどね。
そしたらエゴも、割と静かにするんだよね、「好き勝手やっていいよ」って思ってるんだけどね。
それと同時に、他人にもおおらかになれたよ。

今は、わくわくすることばかりだ、毎日が楽しい。
といっても、ホログラム的には、別に何もないんだけどね。
上手くいえないけど、体中にふわっとした甘い感覚がある。
子供の頃の夏休みの午前中みたいに、爽やかで、期待に溢れた、ドキドキする感じに近い。

マネーゲーム本の「プロセス」で、いろいろなものを手放せたから、本来のフィーリングを取り戻しつつある。

自分が幸せだったと思ってたことも、よくよくプロセスして感じてみたら、他の苦痛の感覚と近いものも沢山あったから、手放せたよ。
「自分自身がホログラムである」、っていうことに、経験として気付いたから、自分が楽になった。
「ホログラムである自分」は、人間的に成長しない」、ってことに気付いたんだ。
そもそも、自分がホログラムだからだ。
だから、成長を、努力を諦めたんだよ。
許して、受け容れて、完全ではないけど、判断を少なくした。

自分の思考の「嫌だ」と判断していた部分も、コンプレックスも、欲望も執着も、それから離れようとする気持ちでさえも諦めた。
というか、そのままあればよい、と思った。
そこから沸いてくる根本的なものをプロセスで手放した。
そしたら、もう変えようと思わなくなった。
結果的に、見た目も、雰囲気も、周りから、「すごく変わった」といわれる。

いわゆる、エゴって言われている部分は、ホログラムだから成長しないんだね。
エゴは、小さな自分は、ホログラムとしての自分は、自分を円環に閉じ込めるのが目的だから、不自由を自由と思い、執着を愛だと感じて、苦しみをホログラムへの反応に変える力なんだ。

それに気付いて、ホログラムであるエゴにも力を与えないことだ。
自分が努力して変わる必要はないし、それはそれで一つの風景なんだから、不可能だ。

そして、正確にいうと、成長しないわけではない。
成長しているように見えること、そう自分が感じることは、本来の自分視点に立ち返ることができる「エネルギー分量が多い個人」ということじゃないかと思う。
プロセスを進めるうちに、いろいろな判断を捨てていくと、絶対的な領域である、本来の自分視点でいられるようになる。

◆◆「ザ・マネーゲーム」から脱出する法2◆◆
https://ikura.5ch.net/test/read.cgi/esp/1331543443/
247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/27(火) 17:45:32.10 ID:Abbda60l

タイトルとURLをコピーしました